MEG ザ・モンスターは続編あるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

2018年9月7日にサメ映画最新作『MEG ザ・モンスター』が公開されました。

サメ×ジェイソン・ステイサム主演の映画ということもあり、ぜひ観に行きたいという方が多いのではないでしょうか。

本記事では『MEG ザ・モンスター』には続編があるのか、エンドロール後に映像があったのかについて記載していきます。
『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『MEG ザ・モンスター』予告動画+あらすじ概要
エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?
続編はありそう?
管理人オススメのサメ映画は?
まとめ

『MEG ザ・モンスター』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

海洋研究施設から潜水したある探査船が、誰も足を踏み入れたことのない未知の海溝を発見した。

正規の発見に喜んだのもつかの間、探査船は未知の海溝で消息を絶ってしまう。

レスキューのプロであるジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は行方知れずとなった探査船の乗組員を救うべく立ち上がったが、救助先で生物学の常識を超えた”モンスター”=MEG(メグ)と遭遇した。

深海から浮上したMEGはビーチで海水浴をする人々を次々に襲い始め、楽しい雰囲気に包まれていた真夏のビーチは地獄へと変わっていく。

ジョナスたちはMEGの脅威から人々を護ることができるのか__

エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?

『スポンサーリンク』


どんな映画でもエンドロールの後に特別な映像が流れることがあります。

それは次回作の予告であったり、映画本編に関係のある映像であったり、NG集であったりと様々。

『MEG ザ・モンスター』でもそういった予告や特別映像が流れるかと期待していましたが、エンドロール後には何か映像が流れるということはなく、館内が明るくなってしまいました。

サメ映画なので、実はステイサムに始末されそこなったメガロドンの生き残りがいましたよ、といった感じでエンドロール後に海を泳ぐサメが映ったりとか……そんなよくあるサメ映画のおまけ映像は本作ではみられませんでした。

無責任に計画がない状態で適当に次回作をにおわせるような特別映像を流さなかったあたり、B級映画ではないようです。

関連記事
『MEG ザ・モンスター』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

続編はありそう?※ネタバレありなので注意※

映画本編を見てみて、ありそうといえばありそうですし、これで完結といえば完結できている映画だと思います。

深海から海面へ上がってきてしまったメガロドンは映画中では2匹とされていましたが、実際にサメが何匹上がってきたかを目視で確認したわけではないので、2匹という数字はあてになりません。

上がってきたとされる2匹は、どちらもステイサムが仲間と協力して殺処分に成功はしているものの、もし深海から上がってきてしまっていたメガロドンが3匹や4匹、それ以上だった場合は続編として作れそうではあります……

映画中では、未知の深海(1万2000メートル下だったかな……)まで探査船が調査をしに行きますが、色々事情があって(はしょってすみません)未知の深海から巨大ザメ=メガロドンが浮上することになり、大変なことになるといった感じで物語が盛り上がっていきます。

実際、サメが浮上するまでに空いていた通り道的なものが開通されていた時間があまりなかったので、浮上してこられたのは数匹と考えるのが普通ですが、もしかしたらまだ生き残りがいたぞ!としても問題はないかと思います汗

もちろん、映画中では2匹見つけたサメを排除したので完結といえば完結しているとも言えます。

そのため、続編があるかどうかは映画の興行収入次第ではないでしょうか……

期待はずれが多いサメ映画というジャンルではありますが、サメの迫力や、人間模様、驚かせるシーンとそうではないシーンとの起伏などが結構面白いお話だったのでヒットする可能性は高いかと思います。

俳優陣やスタッフがかなり豪華ということも後押ししてくれると思います。

管理人オススメのサメ映画は?

王道になってしまいますが、管理人がおすすめするサメ映画は『ロスト・バケーション』、『ディープ・ブルー』です。

『ロスト・バケーション』はサーフィンを楽しむ女性が一匹のでっかいサメに襲われてけがをし、沖に流されて帰るに帰れなくて、サメをどうにかするしかなくなる……みたいな話(ざっくりすぎてすみません)で、精神的に追い詰められていく女性の心理描写がとてつもなくリアルな良作です。

いつサメが襲ってくるのか、いつまでも女性から離れないサメをどうやって撃退するのか一秒も目が離せなくてサメが現れてからはハラハラドキドキさせられる作品。

びっくりさせられたり結構怖かったりすることが多いので、1度見たら忘れられないようなシーンが多いです。

後者の『ディープ・ブルー』はロスト・バケーションより知名度は高いでしょうか。

研究によって頭がよくなったサメが放たれて……みたいな話(ざっくりで本当にすみません)です。

あり得ないくらい頭の良いサメが水が充満した船の中で大暴れする感じで、水がまだ満ちていないところでも水があるところから首だけ出してふいに襲ってきたりと、こちらも目を離せない映画。

サメが人を捕食する描写がとてもリアルで、追い詰められていく人たちの心理描写も一級。観ていてあきません。

くすりと笑えるシーンもなくはないので、シリアスなだけではないところも評価が高い映画です。

2作品ともにサメ映画の中では評価が非常に高い作品なので観ている人も多いかと思いますが、もしまだ観ていないぞ!という方がいらっしゃったらぜひ!

ちなみに、2作品を観るなら期間中に解約すれば無料で鑑賞することができるU-NEXTがおすすめです。
詳細は下記↓

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・エンドロール後には映像はないものの、続編が作れない終わり方はしていないため、続編が制作される可能性はある。

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です