『MEGザ・モンスター』ジェイソンVSメガロドン、結局どっちが勝ったの?

2018年9月7日にサメ映画最新作『MEG ザ・モンスター』が公開されました。

サメ×ジェイソン・ステイサム主演の映画ということもあり、ぜひ観に行きたいという方が多いのではないでしょうか。

本記事では『MEG ザ・モンスター』では結局ジェイソン・ステイサムとメガロドンのどちらが勝ったのかについて記載していきます。
『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『MEG ザ・モンスター』予告動画+あらすじ概要
勝ったのは結局どっち?
どうやって勝利したの?
管理人オススメのサメ映画は?
まとめ

『MEG ザ・モンスター』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

海洋研究施設から潜水したある探査船が、誰も足を踏み入れたことのない未知の海溝を発見した。

正規の発見に喜んだのもつかの間、探査船は未知の海溝で消息を絶ってしまう。

レスキューのプロであるジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は行方知れずとなった探査船の乗組員を救うべく立ち上がったが、救助先で生物学の常識を超えた”モンスター”=MEG(メグ)と遭遇した。

深海から浮上したMEGはビーチで海水浴をする人々を次々に襲い始め、楽しい雰囲気に包まれていた真夏のビーチは地獄へと変わっていく。

ジョナスたちはMEGの脅威から人々を護ることができるのか__

勝ったのは結局どっち?

『スポンサーリンク』


勝たなきゃサメ映画としてどうなのということで、もちろん勝ったのは「ジェイソン・ステイサム」側です。

ただ、ジェイソンは過去にメガロドンに敗れた(戦うのが目的ではなかったため逃げて帰った)ことがあり、本作で再度メガロドンに向き合わなければならなくなった際はかなり渋っていました。

潜ると決断してからのステイサムは強くて、深海に取り残された元妻とその仲間2名(マシオカとひげのおじちゃん)を助けに行く際、メガロドンからの襲撃を顧みずに挑戦することが多かったのでかっこよかったです。

ただ、ステイサム一人の力ではメガロドンには勝てなかったのではないかと思います。

生身の人間が水中でサメに勝つなんて不可能に近いですよね……しかも相手はただのサメじゃなくて、巨大ザメ=メガロドンなので……。

関連記事
『MEGザ・モンスター』メガロドンの全長は脅威の23メートル?!メガロドンは実在したの?

どうやって勝利したの?

『スポンサーリンク』


深海から浮上してきたメガロドンは2匹。

一匹目はちょっと管理人はよくわからなかったのですが、ステイサムがヒロインのスーインを助けて、スーインが船内で目を覚ましたら死んだメガロドンが船につるされていました。

スーインが、普通のサメなら20ミリリットルで死ぬといわれている薬剤を込めた槍?のようなものをサメの口にぶっさして、それが致命傷になった結果なのかなぁと思いましたが、きちんとサメが死んだとする描写があまりなかった気がします……

ひょろひょろっとサメが力を失くしていくような描写はあったような気がしますが……ぼうっと見てしまっていたのでしょうか。はっきりと記憶に残ってないです汗

ただ、槍を刺した瞬間に弱っていくわけではなく、薬を注入するのに時間がかかったのか、薬がまわるのに時間がかかったのか……槍が刺さってからかなりの時間がたってサメが大暴れした後に死んだ感じではありました。

サメを殺すという意味ではスーインが尽力した感じで、ステイサムはサメに襲われるスーインを助ける役目を果たすといった具合です。

二匹目はステイサムとスーインがそれぞれ1人乗りの小さい潜水艦に乗ってメガロドンをミサイル?みたいなもので攻撃して弱らせつつ、最後にステイサムが食われそうになったところ潜水艦から脱出して、メガロドンの隙をつき、めん玉をぶっさして攻撃。

その後、メガロドンが出した血の臭いを嗅ぎつけた大量の小さいサメがたかって、メガロドンが処理される、といった感じでラストを迎えます。

今までのサメ作品では大暴れしたサメを爆弾で肉片にするとか、でっかい槍みたいもので串刺しにするとか、ド派手にサメが処理されて血がめっちゃ出る、みたいな映画が多かったので、派手さに関しては肩透かしを食らう人も多そうですね……

管理人個人としては、ステイサムはとてもかっこよかったと思いますが、より人間離れした動きでサメを処分するのかと思っていたので期待度が高かった分ちょっと残念ではありました。

「え? これでメガロドン死んでしまったの?!」といった感じです……

関連記事
MEG ザ・モンスターは続編あるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

管理人オススメのサメ映画は?

王道になってしまいますが、管理人がおすすめするサメ映画は『ロスト・バケーション』、『ディープ・ブルー』です。

『ロスト・バケーション』はサーフィンを楽しむ女性が一匹のでっかいサメに襲われてけがをし、沖に流されて帰るに帰れなくて、サメをどうにかするしかなくなる……みたいな話(ざっくりすぎてすみません)で、精神的に追い詰められていく女性の心理描写がとてつもなくリアルな良作です。

いつサメが襲ってくるのか、いつまでも女性から離れないサメをどうやって撃退するのか一秒も目が離せなくてサメが現れてからはハラハラドキドキさせられる作品。

びっくりさせられたり結構怖かったりすることが多いので、1度見たら忘れられないようなシーンが多いです。

後者の『ディープ・ブルー』はロスト・バケーションより知名度は高いでしょうか。

研究によって頭がよくなったサメが放たれて……みたいな話(ざっくりで本当にすみません)です。

あり得ないくらい頭の良いサメが水が充満した船の中で大暴れする感じで、水がまだ満ちていないところでも水があるところから首だけ出してふいに襲ってきたりと、こちらも目を離せない映画。

サメが人を捕食する描写がとてもリアルで、追い詰められていく人たちの心理描写も一級。観ていてあきません。

くすりと笑えるシーンもなくはないので、シリアスなだけではないところも評価が高い映画です。

どちらも管理人個人的には『MEG ザ・モンスター』より面白い作品だと思います。

2作品ともにサメ映画の中では評価が非常に高い作品なので観ている人も多いかと思いますが、もしまだ観ていないぞ!という方がいらっしゃったらぜひ!

ちなみに、2作品を観るなら期間中に解約すれば無料で鑑賞することができるU-NEXTがおすすめです。
詳細は下記↓

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・メガロドンVSステイサムで勝利したのはステイサム側

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です