『死霊館のシスター』前作を観ていなくても楽しめる映画?予備知識は必要なの?

2018年9月21日に『死霊館』シリーズのスピンオフ映画『死霊館のシスター』が公開されました。

本記事では、『死霊館のシスター』を鑑賞するにあたり前作を観ておいた方がいいのか、予備知識についてまとめていきます。
『スポンサーリンク』


※ネタバレを含まないように言葉は濁してあります※

目次

『死霊館のシスター』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶った。

事件には不可解な点が多く、真相を究明するために派遣されたバーク神父と見習いシスターのアイリーン。

彼らは調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着いた。

そして、決して関わってはならない恐るべき存在「悪魔のシスター」と対峙することになり__?

『死霊館のシスター』だけ見ても楽しめる?

実際に映画を見て思いましたが、前作は観ておいた方がいいと思います。

確かにこれ一本でも驚いたり怖がったりする映画としては十分ですが、死霊館のシスターは死霊館シリーズのスピンオフ映画なので、関連作品を観ておかないと細かい描写や伏線回収で納得する機会がかなり減ります。

それというのも、『死霊館のシスター』は冒頭から死霊館シリーズでお馴染み『死霊館 エンフィールド事件』で起用されたシーンから割と唐突に始まります。もろに前作とつながっているので、エンフィールド事件をみていないと「はて、何のシーンかいな?」となりかねないかと思います……。

これ以上書いてしまうとネタバレになりかねないので詳細は伏せますが、死霊館のシスターは『死霊館 エンフィールド事件』の前日譚と呼ばれていることもあり、話のつながりや伏線がかなり多いです。

こういった伏線回収やつながり等を大事にして作品を十分に楽しみたい場合は後日談である『死霊館 エンフィールド事件』は少なからず観ておくにこしたことはないでしょう。

後日談『死霊館 エンフィールド事件』を鑑賞するなら、期間中に解約することで無料で鑑賞できるU-NEXTがおすすめです。

↓U-NEXT詳細は下記から↓

『死霊館 エンフィールド事件』は無料登録後にもらえるポイントで視聴可能

知っておきたい情報は?予備知識は必要?

『スポンサーリンク』


個人的に必要かと思う予備知識について以下にて簡単にご紹介。。。

『死霊館 エンフィールド事件』とのリンク

本作『死霊館のシスター』は『死霊館 エンフィールド事件』の前日譚という触れ込みもあり、冒頭から『死霊館 エンフィールド事件』のシーンが起用されています。

『死霊館 エンフィールド事件』やシリーズによく出てくる悪魔「ヴァラク」にスポットが当てられた映画なので、冒頭も後日談であるエンフィールド事件のワンシーンが使われたと解釈して良いでしょう。

また、冒頭シーンは『死霊館 エンフィールド事件』の軽いおさらいのようなもので、エンフィールド事件を見ている人なら「ああ、あのシーンかな?」と合点がいくかと思います。

逆に観ていないと説明の無い突然の冒頭場面に意味が分からず、ついていけない可能性があります……。

人物について

申し訳ないのですが、項目を設けておきながらネタバレになってしまうので人物についての詳細は伏せて説明させてください……

『死霊館 エンフィールド事件』に関連するキャラクターをよく確認しておくと映画ラストで「なるほどぉ」と深く納得することができると思います。

観ていないという方はU-NEXTに無料登録するとみられるので詳細をクリック↓

ネタバレを所望の方はこちらの記事から

逆さ十字

死霊館シリーズでは度々十字架が逆さになりますが、本作でも逆さになる演出が多々あります。

演出という点ではリンクしているため、前作をみている人なら「お、来るぞ来るぞ」と悪魔が出てくるタイミングがかなりわかりやすいです。

これを知らないとただモノが動いているだけにしか見えないので「あ、なんか視界の隅で動いてるこわーい」程度にしか演出を理解できないと思います_(:3」∠)_

関連記事
死霊館のシスターに年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

『死霊館のシスター』の見どころは?

今作の見どころは、シリーズで多々登場する悪魔『ヴァラク』の誕生秘話が一番にあげられるでしょうか……

シリーズをずーっと見てきたファンとしては、どうやって悪魔ヴァラクがこの世に放たれ『死霊館 エンフィールド事件』につながっているのか気になるところ。

本作では前日譚らしくそれなりにヴァラクについて描かれているので見どころとして挙げるには十分かと思います。

また、『死霊館のシスター』の主人公を演じる女優は『死霊館 エンフィールド事件』でロレイン役を演じていたベラ・ファーミガの実の妹「タイッサ・ファーミガ」。

かわいらしくも美しい容貌での恐怖の熱演は一級。また、ベラの実の妹という点でも現実と映画でちょっとしたつながりを感じられて観ていて面白いのではないでしょうか。

さらに、ホラー映画ということもあり、今作でも十分にびびらせてくれるので古典的なホラーが好きという方は最高に楽しめる映画だと思います。

舞台も昼間でも結構うすぐらい修道院なので、暗さという点でどこから何が襲ってくるのかわからないというのもハラハラさせられるため、こちらも見どころとして挙げることができます。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『死霊館のシスター』は後日談である『死霊館 エンフィールド事件』を見ておかないときっちり内容を理解できない可能性がある

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA