『ルイスと不思議の時計』続編はあるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

2018年10月12日に『ルイスと不思議の時計』が公開されました!

ハリーポッターの原点と歌われていることもあり、注目作として観に行きたいという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな『ルイスと不思議の時計』は続編があるのか、エンドロール後に何か映像はあったのかについてまとめていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『ルイスと不思議の時計』予告動画+あらすじ概要
エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?
続編はありそう?
まとめ

『ルイスと不思議の時計』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

両親を亡くしたルイスは、おじさんであるへっぽこ魔法使いジョナサンの古い屋敷に一緒に住むことになった。

隣にはきれいでやさしく、エリートの魔女、ツィマーマンが住んでいる。

ルイスはそんな二人と、時計がいっぱいの邸で不思議な暮らしを始めるが、ある日、世界を破滅へと導く時計が屋敷に隠されていることをルイスは知ってしまう。

二人の魔法使いとひとりぼっちの少年ルイスは時計の謎を解いて世界を救うことができるのか__

エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?

『スポンサーリンク』


どんな映画でもエンドロールの後に特別な映像が流れることがあります。

それは次回作の予告であったり、映画本編に関係のある映像であったり、NG集であったりと様々。

『ルイスと不思議の時計』でもそういった予告や特別映像が流れるかと期待していましたが、エンドロール後には何か映像が流れるということはなく、館内が明るくなってしまいました。

おまけ的な映像もないので、特別な映像がないのであればすぐに離席したいという方はエンドロールが始まったら離席してしまって問題ないでしょう。

ただ、『ルイスと不思議の時計』のエンドロールはおなじみの黒い背景に白文字が流れていくものではなく、かわいらしいイラストが散見されるので、映画の余韻に浸りたいという人はエンドロールを観てから帰った方がいいと思います。

関連記事
『ルイスと不思議の時計』吹替と字幕どっちがおすすめ?豪華声優が吹替しているって本当?

続編はありそう?

エンドロール後に予告映像もないことに加え、物語も完結してしまっているのでおそらく続編はないでしょう。

物語はめでたしめでたしのありがちなエンドを迎え、何か不穏な空気を残した終わり方もしていません。

管理人は原作小説に手を伸ばせていないので、原作のどこまでを描かれたのか正直わからないのですが、とりあえず映画では完結しています。

原作小説について

ルイスと不思議の時計にはジョン・ベレアーズ原作の『壁のなかの時計』があります。

英文で書かれているので英語が堪能な方しか読めませんが、9月12日に静山社から日本語訳の『ルイスと不思議の時計』が出版されています。

原作を楽しみたいという方にはおすすめです。


ルイスと不思議の時計 (静山社ペガサス文庫)

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・エンドロール後には映像はなく、物語も完結してしまっているため、続編はなさそう。
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA