『僕のワンダフルライフ』犬の犬種(名前)と死因は?主人の名前と結末についてまとめ

2017年に公開された映画『僕のワンダフルライフ』。

犬の「ベイリー」が主人公の映画で、一途でまっすぐな「ベイリー」の様子に、この映画を観て犬を飼い始めた人も多いのではないでしょうか。

本記事では、映画『僕のワンダフルライフ』に登場した犬の犬種と、その死因、主人の名前等について詳しく記載していきます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『僕のワンダフルライフ』予告動画+あらすじ
登場した犬の犬種と飼い主について
それぞれの死因は?
物語の結末は?イーサンのもとへ戻れたの?
まとめ

『僕のワンダフルライフ』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

ゴールデンレトリバーに生まれた「ベイリー」は、ある暑い夏の日に車に閉じ込められて死にかかっていたところを心の優しい少年「イーサン」に助けられた。

イーサンを幸せにすることが、自分の生きる意味なのだと、彼と過ごすにつれて思うようになったベイリー。

しかし、イーサンを幸せにできないまま、大きな後悔を残してベイリーは老衰でこの世を去ることになった。

彼を愛し、幸せにするのが僕のつとめ。その想いから、ベイリーは記憶をそのままにほかの犬へと転生を繰り返す。

ベイリーは再びイーサンに会い、彼を幸せにすることができるのか__

登場した犬の犬種と飼い主について

『スポンサーリンク』


ベイリー

引用元:http://boku-wonderful.jp/intro.html

初めて転生した先の犬。犬種はゴールデンレトリバーで、飼い主は本作の主要人物である「イーサン」です。

ゴールデンレトリバーは人懐っこいことで有名で、いたずらが大好き。

『僕のワンダフルライフ』でも、飼い主イーサンの家で度々いたずらをとがめられていました。本人はよかれと思ってやるんですけどね(笑

ベイリーはイーサンが投げたぺしゃんこのラグビーボールをかがんだイーサンの背中からジャンプして取るという一芸を持っています。

ベイリーはイーサンからボスドッグという愛称で呼ばれることもあります。

エリー

引用元:http://boku-wonderful.jp/intro.html

2回目の転生先。犬種はジャーマンシェパードで、飼い主は寂しがりやのカルロス。

ジャーマンシェパードは精悍な顔つきをしていて、知的で忠誠心と服重心が強いことから作業犬として活躍する機会が多い犬種です。

ジャーマンシェパードに転生したことから警察犬として訓練を受けたベイリー(エリー)は、飼い主であるカルロスに喜んでもらうために必死に仕事をこなし、頑張り続けますが、カルロスはいつもどこかさびしそう。

カルロスの家はカルロス以外の臭いがしたものの、消えかかっていて、どうやら恋人や妻にカルロスは先立たれて孤独な人生を送っているようでした。

ベイリーはそんなカルロスに寄り添い、彼と長く過ごすことで彼との絆を日々深めていきました。

ティノ

引用元:http://boku-wonderful.jp/intro.html

3回目の転生先。犬種はコーギーで、主人は人と話すのが苦手なマヤ

コーギーは手足としっぽが短いのが特徴のかわいらしい小型犬。

ベイリーはゴールデンレトリバー時代に自分のしっぽをおいかけてよく回っていましたが、コーギーはしっぽが短くベイリーは「しっぽはどこ?」と不思議になるほど。

飼い主のマヤとはペットショップで出会い、彼女のひとめぼれでティノと名付けられ、一緒に暮らすことになりました。

大学生のマヤはお風呂にはいるのも、大学へいくのも、授業を受けるときもいつもティノ(ベイリー)と一緒。

大好きなティノと過ごす時間が増えるマヤでしたが、マヤは人づきあいが苦手で口下手。

自分が思っていることを素直に口にできないマヤでしたが、ティノ(ベイリー)が公園で偶然出会ったロクシィに恋をしたことで、マヤは先日声をかけてくれた同級生の男性で、ロクシィの飼い主のアルと打ち解けることができました。

ワッフルズ:バディ

引用元:http://boku-wonderful.jp/intro.html

4回目の転生先。犬種はオーストラリアンシェパードとセントバーナードのミックスで、飼い主は名なしのカップル

段ボールで引き取り手を探していたところを女性の方に引き取られて家に連れてこられます。

女性の彼氏はワッフルズと名付けられたベイリーに難色をしめし、そして、女性も女性ですぐにワッフルズに飽きて、鎖につないだまま遊びにもいかせずにベイリーを放置。

近所の人が通報したことで動物保護団体から注意を受けたカップル。彼氏は里親を見つけるといい、ワッフルズを連れて行って、路上に捨ててしまいます。

それぞれの死因は?

『スポンサーリンク』


ゴールデンレトリバーのベイリーは、外的な損傷があったわけではなく、老衰で最期を迎えました。

イーサンが駆けつけて見守られる形で息を引き取りますが、イーサンを幸せにできなかったために悔いが残り、シェパードのエリーに転生。

女の子のエリーですが、警察犬として訓練され、臭いの嗅ぎわけや犯人捜しはお手の物。

エリーは誘拐犯を追いつめ、かみついたところを犯人が放った弾丸がヒットして飼い主のカルロスに看取られて死んでしまいます

その次のコーギーのティノも老衰です。飼い主のマヤが恋をして家庭を持ち、幸せになったところでマヤに看取られて息を引き取ります。

最後の転生先のバディは作中で死を迎えることはありません

物語の結末は?イーサンのところに戻れたの?

イーサンを愛し、彼を幸せにするため、彼にまた会いたいという想いから転生を繰り返すベイリー。

4回目の転生の飼い主に捨てられたベイリーは、イーサンを探して歩き続けます。

あるドッグランの前を通りすがった際、懐かしいにおいをかいだベイリー。

このときは気づきませんでしたが、それはイーサンのかつての恋人のハンナのにおいでした。

街を出て田舎道を行ったベイリーは、偶然にイーサンの実家で、かつてイーサンとともに引っ越してきた家にたどり着きます。

そこでずっとあいたくて仕方がなかったイーサンに再会。イーサンは当然、ベイリーとは気づきませんが、水を与えてくれます。

イーサンはずっと一人だったようで、ベイリーは孤独を埋めようとしますが、イーサンは一度引き取り手がないかと犬を保護する団体へ預けてしまいます。

しかし、孤独だった彼は相棒が恋しくなったのか、一度手放したベイリーを引き取り、バディという名前を付けて相棒として飼い始めることになります。

バディはイーサンが寂しそうで、幸せそうではないと感じ、なつかしいにおいをかいだ街へ戻ります。

なつかしいにおいにつられてある女性についていくと、イーサンのかつての恋人ハンナが車から出てきました。

バディはハンナに歩み寄り、ハンナはネームプレートを見て、少し考えてからバディを飼い主の元(イーサン)へ送りました。

最初は戸惑って何も言えないイーサンでしたが、バディの後押しもあり、二人は50年越しに結ばれることになり、イーサンはようやく幸せをつかみました。

バディとしてではなく、ベイリーとしてイーサンのそばにいたいベイリーは、倉庫に入り、かつてイーサンと遊んだぺしゃんこのラグビ―ボールを見つけ、イーサンのところへ持っていきます。

イーサンはそのラグビーボールをかつてベイリーとともに遊んだ芸をためしにしてみて、見事バディがベイリーの芸ができたことを不思議に思い、ベイリーを呼んでいたように「ボスドッグ」と彼を呼びました。

ボスドッグに何度も反応を示したバディをみて、イーサンはベイリーが戻ってきたと感動の涙を流すところで物語は収束します。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・1度目の転生はゴールデンレトリバーのベイリーで、飼い主はイーサン。死因は老衰

・2度目の転生はシェパードのエリーで、飼い主はカルロス。死因は銃弾を受けたため

・3度目の転生はコーギーのティノで、飼い主はマヤ。死因は老衰

・4度目の転生はセントバーナードとオーストラリアンシェパードのミックスで、飼い主はカップル。

・ベイリーは飼い主のイーサンと再会し、ベイリーが行動を起こしたことでイーサンは幸せになることができた。
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です