曇天に笑う<外伝>~決別、犲の誓い~まとめ~2017年12月公開映画

スポンサーリンク


『曇天に笑う<外伝>~決別、犲の誓い』

【あらすじ】

歴史の裏側でこの国を護る―—。
あの頃の俺たちは、真剣に夢みていた。

三百年に一度よみがえる魔物・大蛇復活の十一年前。
歴史の裏で国を護ることを志した者たちがいた。
それは大蛇討伐のため結成された部隊・犲(やまいぬ)。
曇家当主・大湖が師範を務めるその際には、天火だけでなく、
天火の盟友・安倍蒼世、佐々木妃子らの姿もあった。

だがある事件をきっかけに、
天火は志を同じくした犲たちと、道を分かつこととなる。
部隊に属したままでは、護れぬものがあったから―—。

明治十二年。大蛇が滅び、晴れ渡る滋賀の空の下で、
犲と曇兄弟たちは天火の秘めたる思いを知る。

(http://donten-anime.jp/story.html「曇天に笑う<外伝>~決別、犲の誓い~公式ホームページ」より引用)

【ジャンル】

 

歴史浪漫群像活劇

幕末から明治へ。世の有り様は変わろうと、変わらぬ確かなものもある。
激動の時代の中、それぞれが大切にするものを護ろうとした若者たちの相克と絆、宿命の戦いを描いた人気コミック「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)
その世界は進行形で拡がり続け、実写映画公開も控える、今もっとも注目すべきシリーズのひとつだ。

そして2017年冬。
唐々煙が描く原作コミック「曇天に笑う<外伝>」の物語が、
全三部作の劇場アニメとなってスクリーンに登場する!

原作を新たな形で映像化するのは、
あの『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』のアニメーション制作を手掛けたWIT STUDIO。
さらに、三兄弟の長兄、天火(てんか)役の中村悠一をはじめ、
梶裕貴、代永翼、鳥海浩輔、櫻井孝宏など、人気・実力ともに兼ね備える豪華声優陣が集結する。

琵琶湖のほとり、大津の街を照らす曇三兄弟たちの活躍やいかに。
壮大なスケールで描く、笑って泣ける歴史浪漫群像活劇に乞うご期待!

(http://donten-anime.jp/story.html「曇天に笑う<外伝>~決別、犲の誓い~公式ホームページ」より引用)

【個人的な期待値】

 78/100

原作ファンならば観に行って損はない映画。しかし、三部作のため今作を観た上でさらに2作を観なければ全体を把握できないです……


【予告動画】

作品については上記の予告動画をみていただければ把握していただけるかと思います。

 

【キャスト】(公式より引用となります)

~曇家~
曇家とは:古より大津の地を護ってきた、曇神社の神職を世襲する一族。この一族では三百年に一度、大きな厄災をもたらす魔物・大蛇(オロチ)が復活する。曇家は、大蛇の復活を阻止するために戦ってきた。

「曇天火(くもうてんか)」(声:中村悠一)

 

 

曇家の長男。いつも豪快に笑っており、周囲の人々を自然と惹きつけてしまう器の大きな男。腕っ節の強さと剣の腕前は天下一品。かつては犲に所属していたが、訳あって犲たちと距離を置いてきた。大蛇討伐ののち、左半身の自由がきかなくなっている。

 

 


「曇空丸(くもうそらまる)」(声:梶裕貴)

曇家の次男。兄・天火に置いて行かれまいと、兄の盟友・蒼世に剣を学び、その実力は日増しに高まっている。半身がきかなくなった兄の代わりに、曇家の当主となって大津を護る決意を固める。

 


「曇宙太郎(くもうちゅうたろう)」(声:代永翼)

スポンサーリンク


年の離れた兄・天火を父のように慕う、まだまだ無邪気な三男坊。素早い身のこなしと鉄礫(つぶて)投げ、そして持ち前の明るさで兄たちを支える。大蛇討伐以来、天火の様子がどこか変わってしまったことに心を痛めている。

 



「曇大湖(くもうたいこ)」(声:大川透)

天火、空丸、宙太郎の父。岩倉具視の命で大蛇討伐部隊・犲を創設し、その師範を務めるが、大蛇の眷属(けんぞく)である風魔一族によって暗殺される。天火がいつも笑っているのは、大湖の教えによるところが大きい。

 

 

「曇小雪(くもうこゆき)」(声:折笠富美子)

天火、空丸、宙太郎の母。三兄弟にたっぷりと愛を注ぎながら育てたが、大湖とともに風魔一族に暗殺される。天火のやさしさは彼女ゆずりのもの。

 


~犲~
犲とは:岩倉具視の命で大蛇討伐のため結成された特別部隊。大蛇は自らと敵対する一族のものを器に選び復活するが、犲の隊員の大半は”大蛇の器”候補者でもある。誰が”大蛇の器”になろうとも躊躇なく討つ覚悟を持たねばならない。

 

「安倍蒼世(あべそうせい)」(声:鳥海浩輔)

天火の無二の盟友。天火が犲から脱けたのち、部隊を率いてきた。陰陽師・安倍家の末裔だが剣の道に進み、その腕の冴えは天火と互角。つねに冷徹に振る舞うものの、秘めた優しさと熱い志を胸に抱く。

 

 

 

「佐々木妃子(ささききーこ)」(声:大原さやか)

天火、蒼世とともに、幼いころから犲として鍛えられた隊員のひとり。二丁拳銃の名手。天火の過去を知らない空丸と宙太郎に、秘められた十一年前の出来事を語る。

 

 

「芦屋睦月(あしやむつき)」(声:藤原祐則)

大陰陽師を輩出する芦屋家の出身。陰陽師の才を犲で活かしている。色事に耽り刹那的に生きてきたが、曇大湖と接し、犲として殉じる覚悟を決める。

 

 

 

「鷹峯誠一郎(たかみねせいいちろう)」(声:安元洋貴)

犲の副隊長。身の丈ほどもある斬馬刀の使いこなす剛の者。顔の傷は幼い日の楽鳥を不逞の輩から庇った時のもの。その後、成長した楽鳥に剣を教えた。

 

 

 

 

「犬養善蔵(いぬかいぜんぞう)」(声:藤原貴弘)

犲の隊員。無双の怪力を持つ優しい人物。犲を創設した大湖とは同志的な関係。

 

 

 

「屍千狼(しーちぇんらん)」(声:岩崎ひろし)

犲の隊員。清国生まれの老人。暗器の扱いに長けた、老獪な知恵者。

 

 


「武田楽鳥(たけだらくちょう)」(声:下野紘)

犲の隊員の中では最年少。剣の腕はかなりのものだが、天火や蒼世らの域にはまだ及ばない。空丸とは互いに切磋琢磨する仲。幼いころ犲にかかわったことをきっかけに、入隊を志願した。

【どんな人に向いている?】

1.原作、アニメファン
原作とアニメファンにはもちろんオススメの映画です。

2.初見でも大丈夫?
映画ホームページの中村悠一さんのインタビューをみると
外伝からみても大丈夫かなと心配される方もいるかとと書かれていますが、
彼もできれば原作を読んだほうが楽しめるけどそのまま観ていただいても楽しめると思いますといっているので問題ないかと思います。
ですがまぁやっぱり一番楽しめるのは原作もアニメも観ている方かと思うので、もし友人に誘われて原作もアニメも知らないという人は一巻だけでも読んでいくといいかもしれませんね!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA