『ミッション:インポッシブルフォールアウト』黒幕ラークの正体は?誰が犯人だったの?

2018年8月3日にミッション:インポッシブルシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が公開されました!

トム・クルーズのド派手なアクションで話題を集めた最新作とあって楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

本記事では、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』で黒幕であるラークの正体はいったい誰だったのか、犯人について記載していきます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告動画+あらすじ
ラークとは
ラークは誰だったの?
結末はどうなった?
まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

IMF(インポッシブル ミッション フォース)のエージェントであるイーサン・ハント、ルーサー、ベンジーは盗まれた危険物質のプルトニウムの回収を目前としていた。

しかし、もう少しで任務完了というところでルーサーを人質に取られ、彼を取り戻そうと応戦している最中にプルトニウムは奪われてしまう。

イーサンたちはプルトニウムを取り戻し、複数の都市を同時に各爆発させようとする動きを未然に防ぐために新たなミッションを受けた。

一度プルトニウムを奪われてしまったことからCIAはイーサンの働きに不満を覚え、CIAのエージェントであるオーガスト・ウォーカーを監視役として同行させることにした。

イーサンたちは無事にプルトニウムを奪還し、同時多発テロを食い止めることができるのか__

ラークとは

『スポンサーリンク』


プルトニウムが奪われた裏側にはシンジケートという組織の生き残りが結成した反政府組織アポストルが関連していて、ラークはプルトニウムを奪還する上でアポストルと深く関わりのある人物としてイーサンたちが接触をしなければならない相手です。

ラークは用心深い性格で、情報が少なく、謎の多い男性としかわからない人物ですが、映画中盤でラークがプルトニウムを使って同時に核爆発を起こそうとしている首謀者であることがわかります。

簡単にいうとラークは敵の親玉(悪役)ということになります。

ラークは近々ホワイト・ウィドウ(白蜘蛛)という女性と取引をするという情報をイーサンたちは得て、ラークと思われる男性を襲撃しますが、その男性はラークではなく、ラークの手先の人間だったことが明らかになります。

結局ラークが誰なのかわからないまま、イーサンたちは任務にあたることになります。

関連記事
『ミッションインポッシブル』全作品を無料で観る方法は?youtubeやdailymotionはあるの?

ラークは誰だったの?

『スポンサーリンク』


ラークの正体は終盤であきらかとなりました。

ラークの正体は、CIAが送り込んだエージェントの「オーガスト・ウォーカー」

彼はアポストルとつながっていて、イーサンに全ての悪事をなすりつけて暗殺を企てていました。

ラークがウィドウと交渉するということで最初はイーサンと一緒に飛行機から飛び降りて会場へ行きましたが、雷に打たれて死にかけたところをイーサンに助けられていたので小物かと勘違いしやすいキャラクターでしたが、彼が黒幕で驚いた人も少なくはないかもしれないです。

関連記事
『ミッションインポッシブル/フォールアウト』続編はあるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

結末はどうなった?

ウォーカーがラークだとわかってからは起爆装置を持ったウォーカーが乗るヘリコプターを追ってイーサンが奮闘し、爆発を食い止め、爆弾が仕掛けられた場所にいた仲間と妻のジュリアを救い、ハッピーエンドを迎えました。

フォールアウトというだけあってたくさんの影響(フォールアウト)がイーサンを襲いました。

関連記事
『ミッションインポッシブル/フォールアウト』は前作を観ていなくても楽しめる?予備知識はいるか徹底解説

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・ラークは本作『ミッションインポッシブル/フォールアウト』の悪役。

・ラークの正体はCIAが送り込んだエージェントのウォーカー
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です