『ジュラシックワールド2』巨大な頭骨が特徴の恐竜の名前は?檻や壁を破壊した恐竜について徹底解説

いよいよ『ジュラシックワールド/炎の王国』が公開されました!

本記事では、ネタバレありでジュラシックワールド/炎の王国に登場した頭骨が特徴の恐竜について詳しく解説していきたいと思います。
スポンサーリンク


※本記事には映画のネタバレがあります。ご注意ください※

目次
大きな頭骨が特徴の恐竜の名前はなに?
どういう恐竜なの?
登場シーンは?かなり活躍したってホント?
最後はどうなったの?
次作では登場するの?
まとめ

大きな頭骨が特徴の恐竜の名前はなに?

画像がうまく見つけられなかったのですが、こちらが『ジュラシックワールド/炎の王国』に登場した大きな頭骨が特徴の恐竜です。

名前は「ステギモロク」で、覚えやすくはない名前ですね。

「スティギー」の愛称で親しまれ、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』でも大活躍した恐竜です。

個人的な感想ですが、Tレックスの「レクシィ」より出番が多かったように思えました。

そのくらい活躍したスティギーことステギモロクですが、どのような恐竜だったのでしょうか。

詳しくは以下にて↓

どういう恐竜なの?

ステギモロクは「スティギモロク」とも呼ばれていて、「ステュクスから来た悪魔」という意味があります。

確かに骨格標本を見ると悪魔っぽくみえなくもないですね。ちなみにステュクスはギリシア神話で地下を流れているとされる大河のことをいいます。

スティギモロクは白亜紀末期、約6600万年前に生息していた堅頭竜類の恐竜。

同じ時代にはティラノサウルスやトリケラトプスも生息していたと考えられていて、後頭部にとげの塊があり、頭頂部には硬いドーム型の頭蓋骨が特徴としてありました。

ただ、特徴である頭頂部の硬いドーム型の頭蓋骨ですが、これらは映画に登場したスティギーほど大きかったわけではなく、46センチほどだったといわれています。

これについては標本画像を見ればわかるかと思います。

そこまで大きくなかったため、実際にはディスプレイのために機能していたか、自己防衛にしようされていたかなど、諸説ありますが頭を武器にして戦っていたわけではないと考えられるでしょう。

関連記事
ジュラシックワールドに登場するラプトル4匹の名前は?由来は何?

登場シーンは?かなり活躍したってホント?

スポンサーリンク


スティギーの出番はかなり多かったです。スティギーがいなければ物語が途中で止まってしまうくらいには活躍のシーンがあったといえます。

まず、オーウェンとクレアが檻に閉じ込められた際、スティギーは彼らが閉じ込められたその隣の檻にいました。

レンガで囲われた牢屋で、隣の牢屋でスティギーが暴れているのを確認したオーウェンが、口笛でスティギーを呼び、レンガを

を破壊させて牢屋から脱出することに成功。

スティギーは牢屋から彼らを出す手助けをしたのち、恐竜がオークションにかけられている会場に現れて暴走

オーウェンはこの混乱を利用してロックウッドの邸から脱出しました。

このように、スティギーは映画内でかなりな活躍を見せてくれました。

レクシィの愛称で親しまれているおなじみティラノサウルスはインドミナスラプトルと戦うことすらなかったので、どちらかというとスティギーの方が活躍していたといえそうです。

関連記事
『ジュラシックワールド2』モササウルスの出番が少ないってホント?海底での登場シーンなど徹底解説

最後はどうなったの?

多く活躍してくれたスティギーですが、オークション会場を暴走したのちにロックウッド邸からだ脱出。

ロックウッド邸を囲む森の中へと消えていきました

イスラ・ヌブラル島から連れてこられた恐竜たちは一度ロックウッド邸に閉じ込められますが、『ジュラシックワールド/炎の王国』のラストでは恐竜たちが自然へと放たれ、恐竜と人間が共存する世界になる、といったちょっと考えつかないようなラストを迎えます。

スティギモロクも自然の世界へと放たれた一匹で、最後まで死ぬことなく生き残った恐竜として続編でも登場するのではないかと予想されています。

関連記事
『ジュラシックワールド2』エンドロールは最後まで見た方がいいの?エンドロール後に映像はある?

次作ではどうなるの?

『ジュラシックワールド2』は続編が制作されていることが最新情報として公開されています。

現時点での公開予定は2021年ですが、日本での公開は多少前後するかと思います。

また、次作でスティギモロクがどうなるのかは現時点では詳細が明らかになっていないため確かなことは言えませんが、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』で大活躍したため、次回作はちょい役かもしれないですね…

鉄柱に誤って頭をぶつけてふらふらしてしまったりと、とてもキュートでおちゃめな恐竜だったのでちょろっとでも出てくるといいですね…

関連記事
『ジュラシックワールド2』メイシーは誰の子?前作までに登場した女性の子供なの?メイシーの正体について徹底解説

まとめ

以下、本記事のまとめです。

・大きな頭蓋骨が特徴の恐竜の名前は「スティギモロク」または「ステギモロク」。映画に登場した「ステギモロク」は「スティギー」の愛称で親しまれている。

・スティギーはオーウェンやクレアが牢屋から脱出する際、壁と檻を破壊して脱出の手助けした。

・スティギーは生き残り、自然の世界へ放たれた。

以上です。

まとめてしまうととてつもなく簡単なことしか紹介できていませんが、個人的にスティギーは愛嬌があって好きだったので紹介させていただきました。

また補足等あったときは追記としてこちらの記事を紹介したいと思います。

ではでは、よい映画ライフを!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です