『ジュラシックワールド2』モササウルスの出番が少ないってホント?海底での登場シーンなどを徹底解説

さぁ、いよいよ『ジュラシックワールド/炎の王国』が公開されましたね!

本記事では『ジュラシックワールド/炎の王国』に登場するモササウルスにスポットをあてて、モササウルスは映画のどのシーンでで登場したのか、最後はどうなったのか等、詳しく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク


※ネタバレあり注意※

目次
モササウルスって?どういう恐竜なの?
出番が少なかったってホント?登場したシーンは?
モササウルスは最後どうなったの?
次回作で登場するの?
まとめ

モササウルスって?どういう恐竜なの?

モササウルスとは前作の『ジュラシックワールド』で目玉となっていたインドミナスレックスが湖際に追い込まれた際、最後にぱっくり食いついて湖にひきづりこんだ海洋性の巨大恐竜です。

『ジュラシックワールド』では湖上につるされたサメに食いつくため水面から大ジャンプしてぱっくり食らう、あの宣伝のシーンが有名ですね。

モササウルスの体長は約12.5メートル~18メートルですが、映画に登場したモササウルスはこれよりはるかに大きいイメージがあります。

そもそもモササウルスが食いついて湖に引き込んだインドミナスレックス自体が12メートル越えなので、それよりも大きく描かれていたモササウルスは18メートルとは思えないです。

20メートルくらいでしょうか

体長がいくらなのかはともかく、実在したモササウルスは中生代白亜紀後期、今から約7900万年前~約6500万年前に生息していたとされる恐竜で、イカや魚類、アンモナイトや貝類、ウミガメなどほかの海生爬虫類を捕食していたと推定されています。

そもそも論をいってしまうと海からシャチみたいにオルカアタックするような動物ではなかったのではないかとも思えます。

ただ、見つかっている化石には傷を負っているものが多く、闘争が絶えなかったことも判明しているので、絶対にオルカアタックをしていなかったともいえません。

そのため、映画の描かれ方が間違いだとか、真実だったとか、その真偽について確かなことは言えないです。 むしろ誇張されているくらいが迫力ある表現ができて楽しいですよね。

関連記事
『ジュラシックワールド2』で大きな頭蓋骨が特徴の恐竜の名前は何?檻や壁を破壊した恐竜について徹底解説

出番が少なかったってホント?登場したシーンは?

前作『ジュラシックワールド』でラストをかっさらったモササウルスですが、今作『ジュラシックワールド/炎の王国』ではラストをさらうような働きはしませんでした

モササウルスが登場したのは映画が始まってすぐ、冒頭になります。

映画館でポップコーンを食べる音がうるさいと感じるほど静かな海のシーンから映画は始まります。

第一作目『ジュラシックパーク』と、前作『ジュラシックワールド』で舞台となったイスラ・ヌブラル島の海底が映っています。

冒頭では、イスラ・ヌブラル島の海底を咬ませ犬2人を乗せたジャイロスフィアのような潜水艦が進んでいき、前作でモササウルスにぱっくりいかれたインドミナスレックスの骨を削って海上へ浮き輪を付けて浮かしています。

海上へインドミナスの骨が上がっていくシーンに合わせてカメラも海上へ向きますが、その瞬間、モササウルスの影がドーンと映り、本作初めての恐竜登場シーンとしてモササウルスがスクリーンに登場。

シーンは変わってジャイロスフィアに乗った2人に陸から指示を出す人にスポットが当たりますが、その指示を受けていたジャイロスフィアチームは後ろから迫ってきたモササウルスに食べられ、反応がなくなります。

その後、陸上で指示を出していた人がティラノサウルスにおいかけまわされてヘリコプターから出されたはしごにつかまり陸から離れてティラノサウルスから逃げ切ったとガッツポーズをしたところ、海からモササウルスが飛び出してきてぱっくりいかれ、ご臨終。

この後、本編の中盤や終盤にはモササウルスは登場せず、大切なところが終わった後、人がサーフィンをしている海にモササウルスが映るだけでモササウルスの活躍は冒頭の数分のみといえるでしょう。

あとはちょろっと出てくるだけです。

関連記事
ジュラシックワールドに登場するラプトル4匹の名前は?名前の由来は何?

モササウルスは最後どうなったの?

スポンサーリンク



モササウルスは多くの恐竜がイスラ・ヌブラル島で死んでしまった中、閉鎖されたイスラ・ヌブラル島のゲートが開いた隙にとっとと外の海へと出てしまい、生存を果たします。それも冒頭に。

本編のラスト数分で海を泳ぐモササウルスが映っているため映画のラストでも生存しているのは明らかですが、イスラ・ヌブラル島から脱出する表現は冒頭でちょろっとあるだけで、映画のラストをみるまでは生きているのか生きていないのか謎でした。

イスラ・ヌブラル島の火山噴火の危機から恐竜を救い出すため、11種類の恐竜が選出されてイスラ・ヌブラル島から脱出させられますが、その中にモササウルスは選出されていませんでした。

しかし、モササウルスは自力でゲートが開いた瞬間にイスラ・ヌブラル島から脱出、生存を果たしたわけです。

前作『ジュラシックワールド』の目玉恐竜を倒しただけはありますね…

火山噴火の危機から一番に脱したのはモササウルスで間違いないといえます。

関連記事
ジュラシックワールド2は吹替と字幕どっちがおすすめ?

次回作で登場するの?

『ジュラシックワールド2』は続編が制作されていることが最新情報として公開されています。

現時点での公開予定は2021年ですが、日本での公開は多少前後するかと思います。

また、次作でモササウルスがどうなるのかは現時点では詳細が明らかになっていないため確かなことは言えませんが、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』ではそこまで活躍は見せませんでしたが、前作の『ジュラシックワールド』でラストをもっていたことから次作もそこまで大きな活躍は見せないと予想できますね。

ただ、『ジュラシックワールド』で思わぬところから出てきてインドミナスレックスを食べたモササウルスは人気恐竜の一種であることは間違いないので登場しないということはおそらくないでしょう。

関連記事
『ジュラシックワールド2』エンドロールは最後まで見た方がいいの?エンドロール後に映像はある?

まとめ

以下、本記事のまとめです。

・モササウルスが活躍したシーンは少ないが、冒頭でジャイロスフィアに乗った人2人を海底で捕食し、さらにヘリコプターで逃げようとした人間を海からジャンプして食べてイスラ・ヌブラル島を脱出

・物語収束後、人間がサーフィンを楽しんでいる海で泳ぐ姿が映っていることから本作では生存したことが判明

・次回作で出てこない可能性は低い

まとめると簡単なことしかかけていませんが、お役に立てたのであれば幸いです。

ではでは、よい映画ライフを!


ジュラシック・ワールド ビッグ&リアル! モササウルス FNG24

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です