【ホラー映画】アナベル人形とチャッキー人形の共演はいつ?熱望するファンが多いと話題に

こんにちは、Kazuです。
本記事ではアナベル人形とチャッキー人形について、また、共演についてを載せていきたいと思います。

スポンサーリンク


※目次をタップ(クリック)で詳細に飛びます。

目次

アナベル人形って?
どんな呪いなの? 実話について
主な出演作品は?

チャッキー人形って?
どんな呪いなの? 実話について
主な出演作品は?

共演はいつになる?
まとめ

アナベル人形って?

アナベル人形とは、呪われた人形として、2013年に大ヒットしたホラー映画『死霊館』に登場した、実際にモデルが存在する呪い人形です。

画像が実在するアナベル人形。ラガディアン人形と呼ばれる人形で、日本ではアンティーク人形「アンとアンディ」で親しまれた人形です(ちなみにアナベル人形は「アン」の方)。

私の家にアナベル柄の生地がいくつかありますが、アンティークが好きで関連グッズをもっている方も少なくないのではないでしょうか。
一般人が所有しているくらい人気を博したキャラクターの人形で、親しみ深いという方も多いです。

※呪いの人形とありますが、「アンとアンディ」自体に呪いがあるわけではないので関連グッズをお祓いして処分する必要はありません。呪いがあるかもという心配は不要ですよ!

ちなみに呪われているとされる実物の人形は1体だけで、今は博物館に安置されています。こちらの人形はラージサイズで、通常のラガディ・アン人形より一回りも二回りも大きいそうな。

どんな呪いなの? 実話について

実話について

アナベル人形の呪いの始まりは、1970年代のこと。

当時アメリカで大人気のキャラクターであった素朴な表情が特徴のかわいらしい人形、「ラガディ・アン」。

こちらの人形を「ドナ」という女性は母親からプレゼントされ、ルームメイト「アンジー」と暮らすアパートへ持ち帰りました。

しかし、ラガディ・アン人形を持ち帰ったその日から、二人が外出しているときに人形の位置が変わったりと奇妙な事象が起こり始めます。

男友達「ルー」はこの人形を「気味が悪いし、いっそ燃やしてしまおう」と提案するが、二人は燃やしてしまう前に霊媒師に相談することにしました。

霊媒師によると「悪意のない少女の霊がついていて、二人のそばにずっといたいだけだ」と助言したため、二人は「ラガディ・アン」人形を近くに置くことにします。

しかし、その日から人形を燃やしてしまおうと提案した「ルー」は人形が彼の首を絞める悪夢にうなされるようになり、悪意のない少女の霊ではないと二人に忠告しました。

ルーの言葉に不安になった二人は超常現象の研究家に調査を依頼し、調査の結果人形には悪魔が宿っていることが判明します。

超常現象の研究家、ウォーレン夫婦は人形を手放したいといった二人からラガディ・アン人形を受け取り、悪魔祓いを実行しますが、その後も変わらず奇妙なことは起き続けました。

夫婦は人形をガラスケースに封印し、自宅の敷地内にあるオカルト博物館に収めることにしました。ガラスケースにいれることにより、アナベル人形はようやく動くことをやめてくれました。

主な出演作品は?

呪いのアナベル人形が映画に起用されたのは『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』。

その他出演作品はちょい役での起用が多く、主演を張ったのは上記2作となります。

また、主演といっても、映画で使用されているのは実物のアナベル人形や同じモデルのラガディアン人形ではなく、映画の題名にふさわしいおどろおどろしい風貌の人形が使用されています。

そのため、実物を知っている人からすれば「アナベルはラガディアンがモデルではない」ように思えてしまいますが、映画の題材となったアナベルのモデルは上述した通り、実際にあった話をもとに制作されています。

こちらの作品は、アナベル人形が周りの人間を不幸のどん底へいざない、殺していくというすさまじい内容になっているので、ホラー映画が好きな人にはオススメ。割と血も出るので流血表現が苦手な方は忌避していただければと思います。

チャッキー人形って?

アナベル人形は呪いの人形として多くの人に名の知れた存在ですが、それに負けず劣らずの勢いでホラー映画界に名をはせている人形がいます。それがチャッキー人形。

チャッキー人形とはグッドガイ人形として映画『チャイルド・プレイ』シリーズに登場する架空の人形です。
グッドガイ人形自体はロバート人形というフロリダの西マーテロ博物館に保管されている呪いの人形がモデルとされています。

どんな呪いなの? 実話について

実話について

スポンサーリンク


グッドガイ人形にはモデルとなった人形がいます。

フロリダの西マーテロ博物館に保管されているロバート人形がそれです。

ロバート人形は「みたら呪われる」、「写真にうまくうつらない」、「変なものが写りこむ」など様々な曰くが付いた人形。

このロバート人形はもともとロバート・ユージン・オットという少年が大切にしていた人形ですが、この人形はオット家に恨みを持つ使用人からのプレゼントで、呪いがかけられていたといわれています。

それを知らずにプレゼントとして受け取ったロバート君は自分と同じ名前を付けて可愛がっていましたが、かけられた呪いによりロバート君は死んでしまい、その後も勝手にロバート人形が部屋をひとりでに歩き回ったり、表情が変化する等の怪奇現象が続きました。

ロバート人形はその後、オット家が売り払った家に住み始めた家族の一人娘が見つけましたが、娘はロバート人形に追いかけまわされ、襲われたと泣きながら証言したといいます。

その後のロバート人形は西マーテロ博物館に引き取られ、安置されてひとりでに動き出すことはなくなりましたが、今でも表情が変わったり写真にうまく映らないといった怪奇現象は続いている様子。

こちらのロバート君と、ロバート人形が『チャイルド・プレイ』のモデルという話も一説としてあります。

主な出演作品は?

チャッキー人形の主な出演作品は『チャイルド・プレイ』シリーズすべてです。

出演作品は以下の通り↓

『チャイルド・プレイ』
『チャイルド・プレイ2』
『チャイルド・プレイ3』
『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』
『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』
『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』
『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~』

以上映画作品に出演しているチャッキーですが、その他ドラマなどにもちょい役として姿を現すこともあるので映画を観る際は探してみると楽しいかもしれないですね!

共演はいつになるの?

アナベル人形とチャッキー人形は呪いの人形としてよく知られていますが、どちらも似たようなタイトルの映画が作られているため、共演映画が制作されるのではとファン間では噂が広まっています。

アナベル人形は『アナベル 死霊人形の誕生』、チャッキー人形は『チャイルド・プレイ 誕生の秘密』と、誕生の仕方について突き詰められた映画がどちらも制作され、公開までいたり、大ヒットをかましています。

同じようなタイトルの映画が公開されたことから共演が熱望されているわけですが、チャイルド・プレイのクリエイターである「ドン・マンシーニ」氏がチャッキーとアナベルの共演を希望していると「USATODAY.com」が報じました。

このことから、『チャイルド・プレイ』制作関係者からアナベルの映画関係者へ話が通っている可能性もあります。

『アナベル』の映画公開から1年が経過していることから話が通っていれば制作が開始されていると報道があってもおかしくないでしょう。

まとめ

以上がアナベル人形とチャッキー人形の概要、共演についてでした。

いかがだったでしょうか。アナベル人形もチャッキー人形もどちらもホラー映画で起用されているだけあって怖いですよね…

2体の呪いの人形が共演する映画が制作されたとすればヒット間違いなし、興味を持つ方も多いと思います。

もし追加情報等入った際は更新していきます!

ではでは、よい映画ライフを!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA