『未来のミライ』くんちゃんの声に違和感があるのはなぜ?みんなの声はどうなの?

2018年、7月20日に細田守作品である注目映画『未来のミライ』が公開されました!

『バケモノの子』に続いて予告では獣が庭を駆け回っていましたが、本作はどういった作品なのでしょう?

本記事では『未来のミライ』に登場したくんちゃんの声についてまとめていきたいと思います。
※項目をタップで詳細へ※

目次
くんちゃんの声優はだれ?
声に違和感?
鑑賞者の感想について
なぜ声に違和感があるのか考察
まとめ

くんちゃんの声優はだれ?

くんちゃんの声優を担当しているのは上白石萌歌さん。

2000年生まれの18歳で、女優業、ファッションモデル等マルチな活躍を見せている方ですね。

ただ、声優業としてアニメに声をあてるのは初めてなんだとか。

担当声優が発表された際は「またモデルが声優かぁ」と、苦い顔をした人もいたようです。

しかし、細田守監督作品には俳優さんや女優さん、モデルさんが声優を担当されるケースがほとんどなので、声優が発表された際はそこまで批判はなかったようですね!
『スポンサーリンク』


関連記事
『未来のミライ』磯子が駅名として出てきたってホント?磯子ってどこ?舞台は何県なの?

声に違和感?

『スポンサーリンク』


上白石萌歌さんがくんちゃんの声を担当しているのはわかりました。

しかし、下記のように「くんちゃんの声としては違和感がある」という方が多いようです。

鑑賞者の感想について


なぜ声に違和感があるのか考察

鑑賞者の声にもありましたが、私も映画館へ足を運んでくんちゃんの声をきいたときは「普通の女性の声」としか認識できませんでした。

決して、上白石さんが悪いわけではないですが、キャスティングミスとしかいえないくらい普通の女性の声でしたね…汗

声優さんはプロではないという時点で全く期待していなかったので、「4歳児なのにもろに女の人の声だなぁ」くらいにしか思いませんでしたが、違和感がある人は多いみたいです。

声に違和感があるというのは、彼女の声の質が4歳児とは思えないくらい「女性らしかった」からだと思います。

『未来のミライ』の監督、細田守作品を観るならhulu
↓詳細は下記↓

関連記事
『未来のミライ』くんちゃん家の構造ってどうなってるの?建築家のお父さんの家がすごい

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・くんちゃんの声は上白石萌歌さん

・違和感があるのは4歳児とは思えないほど女性っぽい声だったためか
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です