『イコライザー2』年齢制限はある?子供と観るなら何歳くらいからがおすすめ?

2018年10月5日に『イコライザー』続編『イコライザー2』が公開されます。

デンゼル・ワシントン主演の話題作『イコライザー』の続編ということもあり、ぜひ映画を観たいという人も多いのではないでしょうか。

本記事では『イコライザー2』には年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいなのかについて記載していきます。

スポンサーリンク


※以下は管理人個人が調べた結果なので絶対の情報ではありません※

目次

『イコライザー2』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世のさばけない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコール。

日中はタクシー運転手として働いていたマッコールだったが、CIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまう。

独自に捜査を開始したマッコールは、スーザンの死の真相に近づくが、自らの身に危険が迫り__

年齢制限はあるの?

スポンサーリンク


『イコライザー2』には年齢制限がありません。

しかし、PGの表記は12で指定があるため、12歳未満の子どもが鑑賞する場合は成人保護者の助言や指導が求められます

ムービーチケットや映画.comでも同様の表記があったので指定については間違いありません。

前作の『イコライザー』では主人公が銃で悪人を殺したり、コルク栓であごをぶち抜いたりといった流血表現が多々あったため、続編である本作『イコライザー2』でも同じような描写が観られることは予想できます。

※あくまで管理人が調べた結果なので、間違いがある可能性があります。詳しくは観に行こうとしている映画館の公開予定映画情報をご覧ください※

関連記事
『イコライザー2』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

残酷なシーン(流血表現)はある?

前作の『イコライザー』では主人公が銃で悪人を殺したり、コルク栓であごをぶち抜いたりといった流血表現が多々あったため、続編である本作『イコライザー2』でも同じような描写があることは予想できます。

子供が怖がるシーンとしては、「残酷に人が殺される」、「出てこないだろうと思っていたところに突然何かが出現する」など、大人でも少しびっくりするものでしょう。

PG12ということもあり、人が死ぬ描写はありますが、R指定作品のようなスプラッターな表現(あからさまな残忍な殺人描写によって血液が飛び散るなど)はないでしょう。

そういう表現があった場合、必ず年齢制限が設けられるはずですから、そういった点の残忍描写はないと考えて良いと思います。

また、公開後に実際に映画を見に行こうと思っているのでどこまで残忍な描写があったかについては、追々こちらの記事に記載いたします。

※まだ観ていないので何ともいえませんが、間違った情報を流してしまっていた場合、本当に申し訳ありません。記載させていただいている情報は管理人個人が調べ、考えた結果なので、絶対ではございません※

子供でも観られる?

スポンサーリンク


もちろん、怖い怖くないと感じる程度は個人差があると思いますが、定義としては12歳未満のお子さんでも成人保護者の助言や指導があれば鑑賞することはできます。

ただ、PG12の映画ではあるのである程度の流血や、殺人描写はあります。

そういった表現が自分の子供に見せるのが早いとか、悪影響があるかなと思う人はつれていかない方がよいでしょう。

ただ、アクション・サスペンス特有のわくわく感、スリルというのは映画館でしか味わえないものが少なからずあるので、絶対にこの映画をみたいと言っているお子さんがいたら、多少小さい子でも観に行かせてあげてもいいかもしれません。

観たかったのにと言われてもあとでかわいそうなことをしたなと後悔してしまうので…。

実際に映画を観て驚いてしまう可能性も、もちろんなくはないので小さい子を連れていく場合は「大人が観て楽しめる映画かもしれないよ」と一応保険をかけて連れて行くのが良いのではないかと思います。

対象年齢はどのくらい?

実際に映画を観てからリライトしますが、予想としては中学生、高校生以上が対象ではないかと思います。

前作『イコライザー』の公開は2014年で、レンタル等も行われていることから小さいお子さんが前作を観て今作の続編に興味があるという子供いなくはないと思いますが、PG12ということもあり、小さすぎるお子さんが楽しめる映画を目的にして作られた映画ではないと思います。

もちろん、小さい子でも親がDVD借りてくるとか、配信動画サービスで前作を見ている子もいなくはないと思いますが、少数派でしょう。

主人公が悪人に制裁を加えるシーンはスカッとしますが、ある程度血が出たり、暴力シーンも少なからず出てくるので、洋画慣れしていないお子さんには不向きです。

ただ、びびるびびらないは個人差があるので、一概に対象年齢がいくつからとは明言しかねます。

基本的に親が洋画を観ていない限り、小さい子供がこういった映画に興味を示すことは少ないので、前作を観ていて、アクション映画特有の描写にも慣れているというお子さんは連れて行っても問題ないと思います。

そういった意味では対象年齢はフリーですかね……さすがに幼稚園児とか、小さすぎるお子さんには見せない方がいいとは思います。

ちなみに、前作の『イコライザー』、『イコライザー2』を無料で観るなら、

無料トライアル期間中に動画を見て解約することで一切料金がかからないU-NEXTがおすすめです。

詳細は下記↓

イコライザー2は無料登録後にもらえるポイントで視聴可能です。

配信状況:219/12/31
詳細は公式ホームページでご確認ください

まとめ

以上が『イコライザー2』は年齢制限があるのか、対象年齢はどのくらいかについてまとめでした。

もし自分の子供が映画を観たいといっているけれど、小さすぎて不安な場合は前作『イコライザー』をみせて反応を観るのも手だと思います。

ではでは、お子さんを連れて劇場へ行くという方も、DVDレンタルを待つという方も、良い映画ライフを!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA