『インクレディブルファミリー』黒幕は誰だったの?ウィンストンじゃなかったって本当?

2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続編で、ピクサーの長編映画としては『リメンバーミー』に続く20作目となります。

コミカルなヒーローアニメーションで、子供から大人まで楽しめる本作。

夏休みだから子供と観に行くかという人も少なくないでしょう。

本記事では、『インクレディブル・ファミリー』の黒幕が誰だったかについてまとめます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『インクレディブル・ファミリー』予告動画+あらすじ
黒幕は誰だったの?ウィンストンじゃなかったの?
法律を変えたくなかったのはなんで?
まとめ

『インクレディブル・ファミリー』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

シンドロームの戦いから3か月。街がアンダーマイナーに襲撃され、一家はアンダーマイナーを止めるために活躍。

しかし、法律でヒーロー活動が禁止されたことで、ヒーロー活動を行った一家はつかまることになってしまう。

厳重に注意を受け、支援金も断たれてしまった一家はモーテルでひもじい想いをして生きていくか、ヒーローをやめて働くか究極の選択を迫られる。

そんな危機を迎えたファミリーに、実業家のウィンストン・ディーヴァーから「ヒーローを復活させるために協力してほしい」と依頼が入った。

彼に手を貸し、敵であるスクリーンスレイヴァーを倒したイラスティガールだったが、勝利に疑問を感じた彼女は行動を起こし__?

関連記事 『インクレディブルファミリー』ジャックジャックの8の能力って何?最強赤ちゃんについて徹底解説

黒幕は誰だったの?ウィンストンじゃなかったの?

『スポンサーリンク』

ピクサーの映画やディズニー系統の映画は割と悪役がすぐにわかってしまいますが、『インクレディブル・ファミリー』ではどうだったのでしょうか。

特に予告を見る限りはウィンストンというデブテックという企業を経営するお金持ちがあやしくて胡散臭かったですが、実はこのウィンストンは犯人ではありませんでした。

ウィンストンには発明家のイヴリン・ディヴァーという妹がいます。

イヴリンはウィンストンの経営するデブテックの技術部門を担当し、ヘレンたちヒーローの手助けをしますが、実はこの妹のイヴリンがスクリーンスレイヴァーという悪役を作り上げた技術者で、悪玉になります。

物語が進むにつれてだんだんとあやしいなと思い始める節はあるものの、予告では特に登場しなかったので少し意外だったという人も少なくはないでしょう。

関連記事
『インクレディブルファミリー』続編はあるの?エンドロール後に次回作の予告動画特報はあった?

イヴリンが法律を変えたくなかったのはなんで?

『スポンサーリンク』

『インクレディブル・ファミリー』の世界では、ヒーロー活動を行う人がいると町が破壊されて市民が被害を受けるという点から、ヒーロー活動が法律で禁止されています。

そのため、映画冒頭ではパー一家はヒーロー活動ができなくなり、普通の生活を余儀なくされそうになりますが、そこで声をかけてきたのが実業家のウィンストン。

彼はヒーローを支援し続け来た父親の後を継いで、ヒーローを世界に認めてもらおうと会社を設立し、イラスティガールにその活動の宣伝塔になってほしいと依頼してきます。

最初、ウィンストンの妹であるイヴリンは協力的で、イラスティガールに新しいバイクを与えたり、様々なサポートをしてくれますが、のちにヒーローを操るサングラスを懸けさせて法律を変えようとする動きを台無しにしようとします。

なぜそのようなことをしたのか理由は、彼女の両親の死因にありました。

イヴリンとウィンストンには、両親が眠っていた家に強盗が入った際、父親がヒーローを頼り、電話をかけたものの、ヒーロー活動が法律で禁止された直後だったため、ヒーローにつながらず、父親とともに母親が強盗に殺されてしまったという過去を持っています。

このことをウィンストンは法律が悪いとしましたが、イヴリンは早く警察に連絡をして自分たちは隠れるか逃げれば助かったと考え、考えの違いから法律を変えようとした、変えたくなかったと、行動に違いが出たことがわかります。

どちらの気持ちもとてもよくわかるように心理描写がしっかりしてあって、さすがピクサーといわざるを得ない展開に驚かされました。

イヴリンはヒーローのような頼れる存在がいたらその人たちを頼って人々は何もできなくなってしまうと、何か現代に向けて警鐘を鳴らすような発言をしていたので、そういった点でも面白みがありました。

関連記事 『インクレディブルファミリー』テーマソングの名前は?エンドロールで流れた曲の名前についてまとめ

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『インクレディブル・ファミリー』の悪役はウィンストンではなく、ウィンストンの妹のイヴリン・ディヴァー
『スポンサーリンク』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です