実写版『累-かさね-』に続編あるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

2018年9月7日に『累-かさね』が公開されました。

大人気コミック原作の実写化、さらに主演が豪華ということもあり、気になっているという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな『累-かさね』は続編があるのか、エンドロール後に何か映像はあったのかについてまとめていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『累-かさね』予告動画+あらすじ概要
エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?
続編はありそう?
まとめ

『累-かさね-』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

醜い顔を持つ少女・淵累は伝説の女優である淵透世の娘。

しかし、亡き母とは似ても似つかない容姿が原因で周囲からひどい仕打ちを受け続け、ひっそりと暮らし、人並みならぬ劣等感を背負っていた。

そんな累はある日、母が残した「口紅」を塗り、キスをすることで他人の顔と声を入れ替える力があることに気づく。

その力を使って舞台に立つ機会を得た累は、母親譲りの演技力を発揮し、若手美人女優「丹沢ニナ」の顔をかり、女優として活躍していくが__

エンドロール後に何か映像はあった?どんな映像?

『スポンサーリンク』


どんな映画でもエンドロールの後に特別な映像が流れることがあります。

それは次回作の予告であったり、映画本編に関係のある映像であったり、NG集であったりと様々。

『累-かさね-』でもそういった予告や特別映像が流れるかと期待していましたが、エンドロール後には何か映像が流れるということはなく、館内が明るくなってしまいました。

今どきの映画では珍しいですが、暗い感じの映画なので、NG集とかあったら場が和んで面白いなあと思っていましたが、おまけ的な映像もないので、離席したいという方はエンドロールが始まったら離席してしまって問題ないでしょう。

関連記事
『累-かさね』公開日はいつ?いつまで公開されるのか公開期間についてまとめ

続編はありそう?※ネタバレありなので注意※

漫画が原作の映画で、原作も長く続いているということもあり、とてもじゃないですが映画では収まりきらないと思っていましたが、いい感じにまとめあげてくださっていたのでこれでおわりと言われれば終わりなのかもしれません。

しかし、映画は原作では死んでしまったニナがけがをしたために病院に送られ、まだ生きているのでは?と思わせる具合に終わっていますし、結構原作とは違う描写が多々見られたため、続けようと思えば続けられる結末を迎えていると思います。

エンドロール後に予告映像がなかったので絶対あるとは言えないですが、本映画が興行的にいい成績をおさめたらおそらく続編ということになるでしょう。

要はどのくらい映画がヒットするかがカギかと思います……

ただ、TwitterなどSNSの評判を見ると割と評価の高い映画で、主演の女優さんや出演者がかなり人気のある人が起用されているということもあり、それだけでも見に行きたいという人が多いかと思います。

また、同時期にはこういったドロドロした人間模様を描いた似たような作品が上映されていないので、ピンポイントで観に行きたいという人もいなくはないと思います。

主題歌について

エンドロールでは主題歌が流れます。映画もかなりよかったですが、主題歌も申し分ないというかよすぎました……

主題歌は「Aimer」の「Black Bird」という曲で、予告でも流れています。

歌詞も歌声も、曲調も映画にあっていて映画の余韻に浸るのに最高でした。

詳細は下記

Black Bird / Tiny Dancers /思い出は奇麗で(初回生産限定盤)(DVD付)

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・エンドロール後には映像はないものの、続編が作れない終わり方はしていないため、続編が制作される可能性はある。

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です