『未来のミライ』女子高生の未来ちゃんはなぜくんちゃんの前に現れたの?

2018年、7月20日に細田守作品である注目映画『未来のミライ』が公開されました!

『バケモノの子』に続いて予告では獣が庭を駆け回っていましたが、本作はどういった作品なのでしょう?

本記事では『未来のミライ』ではなぜ女子高生になった未来ちゃんがくんちゃんの前に現れたのかについて詳しく解説していきたいと思います。
※ネタバレありのため注意※

目次
『未来のミライ』予告動画+あらすじ
ミライちゃんって?本当に未来から来たの?
なぜくんちゃんの前に現れたの?
未来ちゃんがくんちゃんの時代に現れた意味は?
まとめ

『未来のミライ』予告動画+あらすじ

甘えん坊の4歳児「くんちゃん」のもとへ、ある日突然、あかちゃん「未来ちゃん」がやってきた。

甘え盛りのくんちゃんは生まれたばかりの未来ちゃんにお母さんとお父さんの愛情を取られたと思い、反発してしまう。

未来ちゃんをたたいてしまったり、おかしをくっつけていじめてしまうくんちゃん。

誰にもかまってもらえなくて悲しくなった、そんなくんちゃんの前に、女子高生になった未来ちゃんが現れ__

ミライちゃんって?本当に未来から来たの?

劇中では「くんちゃん」のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ女子高生が登場します。

この女子高生は自分のことを未来ちゃんとはいいませんが、生まれてきた赤ちゃんの未来ちゃんについていた赤いあざが右手にあることからくんちゃんは未来ちゃんと認識。

おそらくというか、大方この女子高生が未来ちゃんであることが確定しますが、なぜ女子高生の姿で未来ちゃんが4歳のころのくんちゃんに会いに来たのでしょうか……

関連記事
『未来のミライ』くんちゃんの声に違和感があるのはなぜ?みんなの声はどうなの?

なぜくんちゃんの前に現れたの?

『スポンサーリンク』


くんちゃんの家では女の子が生まれたということでひな人形を飾っていました。

ひな人形は飾る期間を1日過ぎるたびに祝われた女の子が嫁に行く年が1年遅くなるという言い伝えがあります。

くんちゃんの家に飾られたひな人形はおとうさんがしまうことになっていましたが、おかあさんからしまっておいてといわれていたにもかかわらず、おとうさんはいいつけをわすれてしまっています。

このことを高校生になった未来ちゃんは気にしていて、ひな人形を片づけるため4歳のくんちゃんにお願いをしてなんとかしてひな人形を片づけます。

好きな人でもいるのか、嫁に行く年が遅れることを未来ちゃんは断固として阻止しようとしていたことから、くんちゃんの前に現れた理由はひな人形を期間内に片づけるためだとして間違いないでしょう。
スポンサーリンク


関連記事
『未来のミライ』磯子が駅名として出てきたってホント?磯子ってどこ?舞台は何県なの?

未来ちゃんがくんちゃんの時代に現れた意味は?

前述した「ひな人形を片づける」という理由ももちろんありますが、映画の売り文句である「家族と命の物語」という言葉通り、家族にキーがあるのは間違いないです。

主人公のくんちゃんは4歳児でまだまだ親に甘えたい年ごろの男の子。

突然現れた小さなあかちゃん未来ちゃんに親の愛情を独占され、嫉妬にかられてわがままばかりいってしまいます。

そんなわがままばかりいってしまいって未来ちゃんと仲良くできないくんちゃんが、女子高生になった未来ちゃんが現れたことによって冒険の旅に出ることになります。

未来ちゃんが現れなくても勝手に過去に戻ったりもしますが、過去や未来に行けるようになったきっかけはおそらく未来ちゃんでしょう。

過去に戻って様々な経験をつんだくんちゃんは人間として、お兄ちゃんとして成長を遂げます。

未来ちゃんがくんちゃんの前に現れた意味は、くんちゃんを成長させるためであったのでしょう。

関連記事
『未来のミライ』くんちゃん家の構造ってどうなってるの?建築家のお父さんの家がすごい

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・くんちゃんの前に現れた女子高生は未来からやってきた未来ちゃん。

・一番最初に未来ちゃんが高校生の姿で現れたのはひな人形を片づけるため

・未来ちゃんが現れた意味はくんちゃんが成長する冒険へいざなうため?
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です