『オーシャンズ8』はなぜ8なの?8人めの泥棒は誰?8が採用された理由について考察

2018年8月10日にオーシャンズシリーズ最新作『オーシャンズ8』が公開されました。

本記事では、『オーシャンズ8』はなぜ8からなのかについて個人的な考察をまとめていきます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『オーシャンズ8』予告動画+あらすじ概要
8が採用された理由は?
8人で泥棒?メンバーは?
まとめ

『オーシャンズ8』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

前作までの主人公、ダニー・オーシャンの妹であるデビーは、5年と8か月の服役を経て刑務所から出所したが、出所時には面接官に二度と犯罪はしないと誓っていたにも関わらず、出所直後から次々と盗みを重ねていった。

デビーはメットガラというファッションの祭典で展示される宝石を全て盗み出すという計画を立て、多くの仲間に協力を仰いだが、彼女の目的は単に宝石を盗み出すことではなくて__?

~オーシャンズ8制作の概要~

『スポンサーリンク』


盗みのプロが力を合わせて大きな獲物を狩るというのは前シリーズまでと変わらない展開の映画『オーシャンズ8』。

ただ、男性メインだったオーシャンズシリーズが最新作では女性メインとして制作されています。

これは、前作の『オーシャンズ13』の公開直後に、監督をつとめたスティーブン・ソダーバーグが「ジョージ・クルーニー(オーシャンズシリーズの主人公ダニー役)がオーシャンズ13を以てダニー・オーシャン役を卒業したいといっているので次作の製作はないだろう」と口にしたことから、14はないことが判明していたためです。

しかし、2015年10月に『オーシャンズ』シリーズの女性版の製作が進んでいることが明かされてから、本作の公開が待ち望まれてきました。

要は、男性版はもうおそらくないけども、女性版はまだまだつくりますよと、そういったことだったんですかね( `ー´)

女性版が『オーシャンズ8』で、男性版の始まりが『オーシャンズ11』なので、女性版のリブート作品に続編があるとすれば『オーシャンズ9』、『オーシャンズ10』と続いていくのではないかと予想できます。

関連記事
『オーシャンズ8』ケイト・ブランシェットがかっこよすぎると話題に!SNSの声や評判についてまとめてみた

8が採用された理由は?

『スポンサーリンク』


オーシャンズシリーズは2018年8月10日に公開された『オーシャンズ8』を含めて4作品あります。

公開順に『オーシャンズ11』⇒『オーシャンズ12』⇒『オーシャンズ13』⇒『オーシャンズ8』。

「13ときたのだから普通続編は14だろ」と考えた人もいたかもしれませんが、それぞれのタイトル「オーシャンズ〇〇」の〇〇の部分は泥棒をする上でのメンバーの数を表しています。

13の時点でメンバーが多かったこともありますが、本作は13の続きではあるものの女性版リブート作品。

続編とは言え、男性版が女性版にリブートされたものをいきなり14人のメンバーで始めるのは多すぎると判断したのではないでしょうか。

また、続編がある際は男性版を踏襲するタイトルである場合、さらに「オーシャンズ15」、「オーシャンズ16」と人数が増えていくことになります。

さらに推測するなら、8から始めるのは3作品で女性版も完結させようという製作者側の意図があるのではないかと思います。

前作までの男性版オーシャンズシリーズは3作の続き物で『オーシャンズ11』から始まり『オーシャンズ12』と続き、『オーシャンズ13』で完結します。

14が制作されなかったのはジョージ・クルーニーが『オーシャンズ13』で主人公を卒業したいと監督に漏らしたからではありますが、とにもかくにも男性版は3作品で完結。

女性版が8から始まったということは、続編があるとすれば『オーシャンズ9』、『オーシャンズ10』となっていくのが自然と考えられるはずです。

『オーシャンズ11』は第1作目のタイトルなのでおそらく4作品目の女性版はないのではと予想はできますね。

個人的な考察なので絶対にそうだとはいいきれませんが、女性版オーシャンズ作品も、男性版同様に3作品で完結となるのではないかと思います。

ちなみに前作までの3作を見るならU-NEXTがおすすめ。詳細は下記になります。

関連記事
『オーシャンズ8』リアーナが演じたナインボールの本名って何?映画ではどんな活躍をしたの?キャラクターの詳細について解説

8人で泥棒?メンバーは?

今作『オーシャンズ8』は予告を見る限りはアンハサウェイ演じるダフネがつけている「トゥーサン」という宝石を盗み出すことが大きな目的のひとつと推測できますが、泥棒をすると予告でみられるのは7人。

サンドラブロックが演じる主人公の「デビー・オーシャン」、ケイト・ブランシェット演じるデビーの右腕「ルー」、ミンディ・カリング演じる宝石鑑定士「アミーナ」、サラ・ポールソン演じるかつての仲間「タミー」、リアーナ演じる天才ハッカー「ナインボール」、ヘレナ・ボナム=カーター演じるどん底デザイナー「ローズ」、オークワフィナ演じるスリが得意なアジア系女性「コンスタンス」がそのメンバー。

実際、宝石を盗み出すのは前述の7人で実行しますが、デビーの元恋人ベッカーをはめ返すというもう一つの目的が7人では実現できません。

そのため、映画終盤でもう一人追加し、8人になります。

そのもう一人はアン・ハサウェイが演じるダフネ・クルーガー

ダフネの首に飾られていたネックレスを7人は協力して盗み出したわけではありますが、計画が実行された際、何も聞かされていなかったダフネは実はオーシャンズメンバーのたくらみに感づいていました。

計画に気づきながらもネックレス強奪を黙認したダフネはデビーに頭の良さを買われてベッカーをはめる計画に力を貸すことになります。

泥棒のメンバーが7人と思われたのはアン・ハサウェイが騙される側と勘違いしやすいからですね……

まとめると、泥棒や計画を実行したのは前述の7人+アン・ハサウェイ演じるダフネの8人となります。

関連記事
『オーシャンズ8』大どんでん返しって何?アンハサウェイが仲間になったって本当?裏切りや敵のはめ方について徹底解説

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・8が採用されたのは女性版オーシャンズシリーズも3部作にするためと予想できる

オーシャンズ8メンバーは「ダニー」、「ルー」、「ダフネ」、「アミーナ」、「タミー」、「ローズ」、「ナインボール」の8人。
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA