『オーシャンズ8』ダニー・オーシャンは死んだの?生きているとしたらどこにいるの?

2018年8月10日にオーシャンズシリーズ最新作『オーシャンズ8』が公開されました。

『オーシャンズ11』、『オーシャンズ12』、『オーシャンズ13』と続いてきた作品の女性版リブート作品で、アン・ハサウェイやサンドラ・ブロックなどの多くの有名人が出演していることから楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

本記事では、『オーシャンズ8』で名前が出てきた前作までの主人公「ダニー・オーシャン」がどのように描かれていたのかついて記載していきます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『オーシャンズ8』予告動画+あらすじ
ダニー・オーシャンは死んでしまったの?
『オーシャンズ13』でのダニーはどうなったっけ?
まとめ

『オーシャンズ8』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

前作までの主人公、ダニー・オーシャンの妹であるデビーは、5年と8か月の服役を経て刑務所から出所したが、出所時には面接官に二度と犯罪はしないと誓っていたにも関わらず、出所直後から次々に盗みを重ねていった。

デビーはメットガラというファッションの祭典でお目見えとなる宝石を全て盗み出すという計画を立て、多くの仲間に協力を仰いだが、彼女の目的は単に宝石を盗み出すことではなくて__?

~オーシャンズ8制作の概要~

盗みのプロが力を合わせて大きな獲物を狩るというのは前シリーズまでと変わりません。

ただ、男性メインだったオーシャンズシリーズが最新作では女性メインとして制作されています。

これは、前作の『オーシャンズ13』の公開直後に、監督をつとめたスティーブン・ソダーバーグが「ジョージ・クルーニーがオーシャンズ13を以てダニー・オーシャン役を卒業したいといっているので次作の製作はないだろう」と口にしたことから、14はないことが判明していたためです。

しかし、2015年10月に『オーシャンズ』シリーズの女性版の製作が進んでいることが明かされてから、本作の公開が待ち望まれてきました。

要は、男性版はもうおそらくないが、女性版はまだつくりますよと、そういったことだったんですかね( `ー´)

関連記事
『オーシャンズ8』にマットデイモンはライナス役で出演するの?Me too運動でカットされたというのは本当?

ダニー・オーシャンは死んでしまったの?

『スポンサーリンク』


『オーシャンズ8』ではダニー・オーシャンは映画冒頭ですでに死んでしまっているらしいということが明かされます。

墓はどこだとか、本当に死んだのかとか、彼の生死についてをダニーの妹で本作の主人公デビーが気にかけたりしますが、死因が何であるかとかは全く語られずに物語は進んでいきます。

『オーシャンズ8』という映画は前作の主人公のダニーの妹のデビーが主人公となった前作のリブート作品。

ダニーはかつての恋人ベッカーにはめられて刑務所に入ることになり、ぶちこまれた刑務所から出てきたというところから物語は始まります。

おそらく、デビーが刑務所に入っている5年と何か月間かの間にダニーがどうにかなって死んだという疑惑が生まれたのではないかと考えられます。

ただ、彼の生死について、彼の恩師で全シリーズに登場しているおじいちゃん「ルーベン」は死んだとも生きているとも口にせず、「ダニーは山から手をひいてほしいといっていた」とデビーに伝えるだけで、ダニーが死んでいるのか、または生きているのか映画内でしっかりと描かれることはありませんでした。

そのため、ダニー・オーシャンの生死は正確には不明とするのが正しいです。

また、『オーシャンズ8』映画内では「本当にお兄さんは死んだの?」と問いかけるデビーの仲間に、デビー自体が本当に死んだのかわからず、生きていると疑うような言葉を発したりしています。仲間には「さぁ?」と首をかしげるのみ。

実際デビー自体が彼の生死についてよく分からないので、続編で彼の生死について明らかになることを祈るほかないのではないでしょうか……。

ただ、ダニーオーシャンが2018年に没したと書いた壁面がありはしましたが(映画では壁面の前でデビーがお酒を飲んだり語り掛けたりするシーンがあります)

関連記事
『オーシャンズ8』大どんでん返しって何?アンハサウェイが仲間になったって本当?裏切りや敵のはめ方について徹底解説

『オーシャンズ13』のダニーはどうなったっけ?

『スポンサーリンク』


前作(オーシャンズ13)のダニーは、平和に暮らしていきたいと思っていたところ、ルーベンがバンクというカジノの経営者にはめられ、寝込んでしまったことからその報復をするために盗みを働きます。

彼自身は盗みの世界から足を洗いたいと思っていた節がところどころみられ、映画の終盤では「身を固めて子供でも作る」といっていたことから、ダニー自体は何事もなく平和に過ごしていきたいという気持ちが強かったのかもしれません。

そのため、『オーシャンズ8』では本当は生きているけれども、死んだことにして新しい人生を歩んでいるのかもしれないですね。

また、前述させていただきましたが、『オーシャンズ13』を制作するにあたり、ダニー・オーシャンを演じたジョージ・クルーニーが「オーシャンズ13で主役を卒業したい」といっていたことを監督のスティーブン・ソダーバーグが明かしていることから、彼を今作に出すことができないため、死んだという設定にした可能性がなくはないと思います。

少なくとも、前作で死んだという描写はなかったので、彼が死んでいるとはちょっと考えにくいというか……生きているけど死んでいることにしていると考えたほうが、個人的にはふくみがあって面白い気がします。

ちなみに、おさらいのためにオーシャンズシリーズを全話観たいということであれば、期間中に解約することでお金がかからない動画配信サービスの「U-NEXT」がおすすめです。

↓詳細は下記から↓

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『オーシャンズ8』ではダニー・オーシャンは死んだことになっている

・死因は不明で、デビーも生きているかどうかはわからない

・生きている可能性もあるような描写がされていた
『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です