『ジュラシックワールド2』オーウェンとブルーの過去が明らかに!ブルーの性格やオーウェンとの絆について徹底解説

ついに『ジュラシックワールド/炎の王国』が公開されました!

本記事では『ジュラシックワールド/炎の王国』で明らかとなった主人公「オーウェン」と、ヴェロキラプトル「ブルー」の過去について詳しく記載していきます。

スポンサーリンク


※ネタバレありのため注意※

目次
オーウェンとブルーの過去って?
ブルーの性格について
ブルーと絆を深めることで得られることは?
まとめ

オーウェンとブルーの過去って?

上記は『ジュラシックワールド/炎の王国』の第一弾予告動画ですが、本動画の30秒地点で幼い頃のブルーとオーウェンが映ります。

オーウェンはブルーの育ての親としてイスラ・ヌブラル島へブルーを救いに行きますが、騙されていてブルーは大けがをしてしまい……と、そんな感じでストーリーが進行。

前作の『ジュラシックワールド』でも、オーウェンとブルーには他3体のラプトル(デルタ、エコー、チャーリー)よりも強固な絆がうかがえましたが、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』でなぜブルーにオーウェンが執着するのか等、彼らの過去が明らかになりました。

オーウェンはブルーやほかのラプトルたちが小さいころから世話をしてきた母親のような存在で、ブルーはそんなオーウェンを慕う描写が数多く前作の『ジュラシックワールド』、また、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』で散見されました。

彼らの過去にかかわる、ブルーの性格や、彼女との絆についての詳細は下記にてまとめます。

関連記事
『ジュラシックワールド』ラプトルそれぞれの名前は?由来は何なの?

ブルーの性格について

ブルーがオーウェンに従順なことは前作『ジュラシックワールド』を見れば明らかですが、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』ではなぜそこまでブルーがオーウェンに従順なのかが明らかになっています。

それは、ブルーの性格が一因しています。

ブルーは4体いるうちのラプトル姉妹の長女

姉妹はそれぞれ性格が全く異なっており、ブルーの妹である「デルタ」はオーウェンが弱って見せるとかみついてやっつけようとしましたが、ブルーは顔で頬をさすって心配をしました。

ブルーは仲間意識が強く、どのラプトルよりも利口で好奇心が旺盛な上、リーダーと思った相手の真似をする傾向が強いラプトルです。

関連記事
『ジュラシックワールド2』インドラプトルの最期は?かわいそうなラストだったって本当?

ブルーと絆を深めることで得られることは?

『ジュラシックワールド/炎の王国』では、幼いブルーが呼び掛けることで他のラプトルを従える描写がありました。

ラプトルの中の階級はブルーがトップで、ブルーとの絆を深め、ブルーを従えることでブルーが従えていたラプトルを手中に収めることができるわけです。

オーウェンは彼女たち(インドラプトル以外はすべて雌個体なので彼女とします)を従えることを目的として雇われていたことは間違いないですが、利用するというよりも、オーウェンはラプトルとの日々を楽しく過ごしているように見えました。

利用するだけだとすれば『ジュラシックワールド』でチャーリーがロケットランチャーを食らって殺された際、激高することはなかったと思いますし、本作『ジュラシックワールド/炎の王国』でブルーが撃たれて死にかかったときも殴りかかろうとする描写はなかったはずです。

本作の悪役ミルズがオーウェンがラプトルを育てていた際はラプトルの価値を金で計算していただろうとどや顔で指摘していましたが、ブルーと築き上げてきた絆や、彼らがふれ合っている場面を見る限りそんなことはなかったといいきれるでしょう。

関連記事
『ジュラシックワールド2』ジュラシリーズ懐かしの演出がつめこまれているって本当?映画詳細についてまとめ

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・ブルーは利口で仲間意識が強く、好奇心が旺盛で、リーダーと思った相手の真似をしたりするラプトル。

・ブルーを従えることでほかのラプトルを従えることができる。

・オーウェンはブルーが小さい頃から面倒をみてきた親のような存在で、絆が固い。
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA