パッケージ借り注意!B級映画『ザ・コレクター~監禁地帯~』レビュー




私はパッケージが良いDVDをよく借りてしまうのですが、パッケージ借りをして失敗した映画を今回は紹介したいと思います。

あくまで個人的な意見ですが、貴重な時間をくそ映画でつぶさないためにも参考までに。。。

『ザ・コレクター~監禁地帯~』

『ザ・コレクター』で検索をかけると『監禁地帯』じゃないほうの『ザ・コレクター』がヒットしますが、パッケージが地味に似ているので注意が必要です。

いや、どっちも駄作なのでどっちも借りないでっていいたいのですが、上にあげた『ザ・コレクター~監禁地帯~』の方がひどい内容なので映画をダイジェストで紹介します。

冒頭

父親の仕事場ということで廃坑にやってきた父、母、赤ちゃん。そのうち父、母が謎の怪物?に殺され赤ちゃんだけが監禁されます。(ここまでは面白そうに思える)

序盤

大学生の男女グループがアラスカを車に乗って旅している。キャンプ場までいくために車を走らせており、途中落石事故にあった車を発見、停車。中には事故の衝撃で命を落としたであろう女性の死体があり、主人公の女性がなぜか執拗に執着するも再度落石があり、遺体を置いて逃げることになる。
車の中で遺体を置いてきたことになぜか執着する女性主人公。この時点でこの女、知らない人の死について執着しすぎてきもいな、ちょっと正義感の方向性が変だとみている側は思い始める。
そのまま車を走らせると途中山火事により先に進むことができず、廃坑まで戻ることになる。(お決まりの展開)

中盤

廃坑まで戻った大学生たち。ガソリン切れのため、宿泊先を探してようやく見つけたガソリンスタンドに入り気持ち悪すぎる双子の老婆に遭う。
老婆二人から「宿泊先はない。ガソリンもきれていてタンクローリーが来るまでには一週間かかる」「絶対に廃坑には近づくな」と言われ、お決まりのごとくなぜか「近づくなといわれた廃坑」に足を踏み入れるグループ。(廃坑に入る理由が特になく、感情移入が全くできないためもうすでに面白くない感がで始める)

廃坑で冒頭で殺された母親の死体を発見。大学生パニック。そこから仲間割れが起こりどうしてか一人になりたがるやつがグループから抜けていって抜けていった順に殺される。3人になってからは一人ずつ殺す演出が面倒になったのか集団で化け物たちにつかまり、なんとか逃げる。(逃げられるように縛っていた縄がなぜか脆い。もろすぎる。ちょっと揺さぶっただけで切れるとかいうくそ仕様。縄を切るためにがんばる姿とか特にない。あっさり切れる)

終盤

双子の老婆のもとへ助けを求めに行く大学生3人。

ばあさんからは廃坑の上には殺人等を犯したものが入る精神病院がずいぶん昔?にあり、非現実的すぎる理由でウェディングドレスのメアリーとかいう最凶女が精神病院に火を放ち、死んだやつらが亡霊になって出て人を殺しまくっているとかいう曰く付きの話を語る(なぜ今まで黙ってたし)

真実(理解がついていかない真実といってもいい)が明らかになり逃げかえればいいだけの大学生3人だが、なぜか死んだ友達が生きているかもしれないという理由で廃坑に戻り、またつかまる。つかまったためビッチ一人が殺され、また逃げだす。またもや逃がしてしまうメアリー団体に観ている側は失笑が止まらなくなる。

あとは逃げるだけかと思われたが、なぜか赤ちゃんを助けなきゃと序盤で謎の正義感を感じた主人公の正義感病が再発。何を血迷ったのか廃坑に戻り、また、またつかまる。そしてまた逃げ出し、追いかけてきたメアリー集団を燃やしてなんとか倒す。

ようやく駄作が終わったかと安心しきっていたらメアリーを謎の団体が治療しているシーンが出てきて、続編があるかの如く謎のエンドを迎える。

まとめ

まとめるととりあえずツッコミどころがありすぎて閉口せざるを得なくなります。

どこからつっこんでいいかわからない「くそ映画」です。ちょっとB級というのももったいないかもしれない。

そもそもなんで亡霊が出るにも関わらすごく近くにあった双子老婆のガソリンスタンドが襲撃に遭わなかったのか謎だし、主人公たちはなんでそんなに死にたがるのか、また、亡霊たちはなんでそんなに何度も捕まえてるのに何度でも逃がしてしまうのか。

ガスバーナーつけたまま主人公たちのそばにおくとか、もうもはやそれ使って縄といてくださいっていってるようなもんで失笑必須ですわ。

この画像はメアリーが主人公の顔をあぶろうとしたところです。

この後、メアリーは人並みならぬ(人ではないか)間抜けぶりを発揮し、ロープで縛られている主人公の手の届くところにわざわざガスバーナーを置いてどこかへ消えます。それに一人も監視役を立てずに。もうくそ間抜けかよ……ここまでくるとその間抜けさでどこまでも突っ走ってくれって思いますわ。

ネタとして観るなら面白いかもしれませんが、真に面白いホラー映画がみたいなぁと思って借りると終わります。くっそつまらないので。

恐怖度

12/100
いや、12もないかもしれないです。全然怖くないしビビりません。血は出るっちゃ出るのでそういうのが単に苦手な人は見ない方がいいです。
ギャグ要素強めなのでネタとして観たい人にオススメの一本。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です