『ジュラシックワールド2』島に取り残されて助けを求めていた首長竜の名前は?

ついに『ジュラシックワールド/炎の王国』が公開されました!

大ヒットシリーズ第5作目とあって、公開を待ち望んでいた方が多かったのではないでしょうか。

本記事では『ジュラシックワールド/炎の王国』でイスラ・ヌブラル島に取り残されて助けを求めていた首長恐竜の名前は何か記載していきます。

スポンサーリンク


※ネタバレありのため注意※

目次
島に取り残された首長恐竜の名前は?
首長恐竜が登場したのは何作目?
本作では本当に生き残れなかったの?
まとめ

島に取り残された首長恐竜の名前は?

主人公のオーウェンはクレアに依頼されてブルーを救出しにイスラ・ヌブラル島に行きます。

11種類の恐竜を救い出して恐竜を乗せた船が出航しますが、出航した船に助けを求めるように、火山噴火で崩れ落ちるイスラ・ヌブラル島の岸に現れる首長恐竜が現れます

かわいそうなことに、この首長恐竜は火山噴火に巻き込まれて噴煙にまぎれ、消えてしまいます。

おそらく犠牲になってしまったものだと考えられます。

この恐竜の名前は何か、というと本作『ジュラシックワールド/炎の王国』で、クレアたちがイスラ・ヌブラル島に到着した際、初めて出会う恐竜と同一です。

四足歩行の巨大な草食恐竜、名前をブラキオサウルスといいます。

ブラキオサウルスは約1億5000万年前頃、ローラシア大陸西部およびゴンドワナ大陸の一部に棲息していた巨大な草食恐竜の一種で、体長約25メートル、体高約16メートルと大型。

関連記事
『ジュラシックワールド2』恐竜が人間の住む世界に放たれたってホント?次回作はどうなるの?考察してみた

首長恐竜が登場したのは何作目?

ブラキオサウルスが登場したのは第一作目『ジュラシックパーク』と五作目『ジュラシックワールド/炎の王国』です

2作目『ロストワールド/ジュラシックパーク』、3作目『ジュラシックパークⅢ』、4作目『ジュラシックワールド』には登場していないので、1作目登場以来の再登場ということになりますが、1作目からは26年もの歳月が流れているので、同個体であると考えるのは難しいかもしれないですね。

ただ、第一作目でスクリーンを席巻したティラノサウルスの「レクシィ」は5作目『ジュラシックワールド/炎の王国』に登場しているため、同個体であると考えることもできなくはないでしょう。

関連記事
『ジュラシックワールド2』登場したティラノサウルスは「レクシィ」なの?1作目から何年経ってるの?

本作では本当に生き残れなかったの?

ブラキオサウルスは巨大な草食恐竜ということもあって、救出はされませんでした。

そもそも、イスラ・ヌブラル島の恐竜たちは船によって救出されました。

ティラノサウルスやトリケラトプスなど、他の恐竜たちの救出が率先されたこともありますが、ブラキオサウルスは巨大すぎて船で連れ出すことができなかったと考えられます。

そのため、ブラキオサウルスはイスラ・ヌブラル島に取り残されて死んでしまったと考えるのが自然でしょう。

また続編が2021年に公開される予定なので、再度ブラキオサウルスのクローンが作られて人間世界に放たれている可能性はなくはないので気になる方は公開を待ちましょう。

関連記事
『ジュラシックワールド2』なぜクローン人間が登場したの?矛盾点や残念だった点についてまとめてみた

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・島に取り残された恐竜の名前は「ブラキオサウルス」

・ブラキオサウルスが登場したのは1作目と5作目

・5作目では生き残ることはできなかった

関連記事
恐竜好きの子供におすすめ!ジュラシックワールドアニアの恐竜おもちゃランキングトップ6

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です