【映画】覚悟はいいかそこの女子の公開日は?見どころやキャストを一挙紹介

少女漫画「覚悟は良いかそこの女子。」がまさかの実写映画化が決定しました。
公開日や公開されているキャスト、見どころになるだろう部分をまとめてみたのでご参考までに…

スポンサーリンク


※目次で気になったところをタップ(またはクリック)でリンクに飛びます※

目次

覚悟はいいかそこの女子とは-作品紹介とあらすじ-
予告動画+特報
映画公開日
キャストについて
見どころ
原作者について
まとめ

覚悟はいいかそこの女子。とはー作品紹介とあらすじー

作品紹介


覚悟はいいかそこの女子。 1 (マーガレットコミックス)
原作は学園恋愛ものにジャンル分けされる椎葉ナナの人気少女漫画。

あらすじ

幼少時代から女子に囲まれて育ってきたイケメンの男子高校生である古谷斗和。

常に女の子に囲まれる生活を送っていたことから女子からモテるからととんだ勘違いをしていた彼は実は女子からは「かっこいいから鑑賞用で、彼氏にはしたくない」と位置付けられるような非モテ男子だった。

ある日、同級生に彼女ができたことから、女子から囲まれてはいるものの彼女ができず非リアであることを思い知った斗和。

「彼女をつくるなんて簡単だ」と豪語し、学園1のクールビューティ三輪美苑に意気揚々と告白したが、「安っぽい告白」と振られそうになってしまう。面と向かってふられることにおじけづいた斗和はとっさに「予行練習だ」と逃げ帰ってしまう。

なぜ落とせなかったのか彼女のことを観察するようになった斗和は美苑の視線の先に古典教師の柾木がいることに気づいてしまった。

落とすためだけに口説き続けていた斗和だったが、彼女のやさしさや人柄にふれ、今までの自分の振る舞いがいかにおろかで安っぽかったかと自覚し、本気で彼女を好きになり始めるのであった。

「俺はヘタレだ」と自覚した彼は、初恋を実らせようと大奮闘! 顔はイケメン、中身はヘタレの斗和の恋の行方は__?

予告動画、特報

特報

映画に先駆けてテレビドラマ化決定しています。

ドラマ化についての詳しい記事はこちら

映画公開日

椎葉ナナ原作の本作「覚悟はいいかそこの女子。」は集英社発行「マーガレット」にて2014年5号~16号に連載されました。

多くの読者から「ヘタレ男子を応援したくなる漫画」と絶賛される本作はヘタレ男子漫画の先駆けとして有名。

映画化により配役に賛否が飛ぶものの、公開日を待ちわびているファンも多いはず。

映画の公開日は2018年10月12日となります。

映画の前売り券の特典情報は今のところ公開なしです。公開され次第、こちらに追記させていただきます!

キャストについて

古谷斗和(中川大志)

気になる主人公斗和を演じるのは1998年生まれの演技派若手俳優の中川大志さん。

小学4年生の時に原宿でスカウトされ5年生からスターダストプロダクションに所属、活動を始めた俳優さんで、「虹色デイズ」や「きょうのキラ君」で主演を務めた他、「家政婦のミタ」や「夜行観覧車」で名を挙げることとなった。

新見律:健太郎

何事もデータ化して考えるようなデータ至上主義であり、恋愛経験ゼロの奥手男子「律」。

彼を演じるのは1997年生まれの20歳の俳優健太郎さん。「俺物語!」や「チア☆ダン」などが代表作。

澤田惟智也:甲斐翔真

斗和の同級生で幼馴染の澤田惟智也を演じるのは甲斐翔真さん。明るくお調子者でモテるためには何でもやる、どん欲な幼馴染。

斗和の周りに集まる女子たちを何とか口説き落とそうとしている。

甲斐さんについては「仮面ライダーエグゼイド」のパラド役が代表作であり、1997年生まれの20歳。

久瀬龍生:若林時英

ドラマ・映画版のオリジナルキャラクター久瀬。斗和の同級生でいじられキャラ。マイナス思考であり、不吉なことを見つけるとつい悪い方向に考えてしまうキャラクターです。

恋をしたいと思っているものの、なかなか踏み込めないヘタレの一人であり、久世を演じるのは若林時英さん。

4人の中では18歳と最年少。映画「ソロモンの偽証」や「いぬやしき」が代表作。

三輪美苑:ヒロイン

斗和が恋をする相手、美苑を演じるキャストは未公開となっています。

公開され次第追記させていただきますね!

見どころについて

中川大志のヘタレ具合

見どころとして一番に思えるのは斗和を演じる中川大志さんのヘタレが観られるところ。

代表作である「家政婦のミタ」や「夜行観覧車」ではヘタレ役ではなかったため、これまでと違った一面を本映画で観ることができるかもしれないですね!

原作と違うキャラクターが良いスパイスに?

もしかしたらマイナスに働く可能性もありますが、原作漫画では登場しなかった人物「久瀬」が映画、ドラマでは登場します。

こちらのキャラクターがヘタレ男子の一人として追加されるので映画の1つのスパイスとして働いてくれるのではないかと思います。

原作者について

原作の少女漫画「覚悟はいいかそこの女子」の作者は椎葉ナナさん

血液型はA型。デビュー作は「Happy Happy Day」で、単行本はベツコミフラワーコミックスやマーガレット、モバフラフフラワーコミックスアルファなど多くの出版社から刊行されています。

作品数もかなり多いので重鎮といってもよいかと。現在はマーガレットで『春は短し恋せよ男子』という少女漫画を連載中。

まとめ

以上が「覚悟はいいかそこの女子」の公開日、見どころ、キャストになります。
また追記あればしていきますので、その時によろしければ…!

それでは、良い映画ライフを!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA