『ペンギンハイウェイ』のタイトルの意味はなに?なぜハイウェイなの?

『ペンギン・ハイウェイ』が2018年8月17日に公開されました。

かわいいペンギンが大活躍するほのぼの映画だと思っていましたが、いざ見てみるとただかわいいという簡単な話ではなくて、謎解きもあったり、考えを巡らせなければ理解できない部分もある難しくて、そして素敵なお話でした。

ただペンギンがてちてちするだけの映画ではないですね……

少し脱線してしまいましたが、本記事ではそんな『ペンギン・ハイウェイ』のタイトルについて記載していきたいと思います。
※ネタバレありのため注意※

目次
『ペンギン・ハイウェイ』予告動画+あらすじ
なぜハイウェイなの?タイトルの意味は?
映画は面白い?見どころはなに?
まとめ

『ペンギン・ハイウェイ』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

主人公のアオヤマ君は、日々学んだことをノートに記録し勉強する努力家な小学四年生の男の子。

賢いアオヤマ君は自分でも将来は偉い人間になると思って日々を過ごしていたが、夏休みを翌月に控えたある日、アオヤマ君の住む街に突然ペンギンが出現して、彼は突き当たった謎を解明する研究に没頭することになった。

海のない街に現れたペンギンたちは、突然現れてどこかへ消えていったのだというが、いったいどこからきて、どこへ消えていったのか。

アオヤマ君の不思議で一生忘れられない、夏が始まる__

関連記事
『ペンギンハイウェイ』観るなら予備知識は必要?原作は読んだ方がいいの?

なぜハイウェイなの?タイトルのいみは?

スポンサーリンク


『ペンギン・ハイウェイ』とは、森見登美彦が原作の小説で、映画化された作品ですが、タイトルの意味は何なのでしょう。

管理人は個人的には意味を知りませんでしたが、ペンギンハイウェイとは海から陸にあがったペンギンたちが決まって通る道のことをいうそうです。

ハイウェイは高速という意味ではなくて、順路とか公道、本道という意味で使われているみたいですね。

要は「ペンギンの道」ってことでしょうか。

管理人は英語がかなり苦手なので細かいことは言えませんが、映画中ではペンギンが一本の道を通っていくイラストが流れたのでかなりわかりやすく説明をしてくれます。

また、『ペンギン・ハイウェイ』の応援隊長として宣伝につとめる「るるてあ」さんが描いた「コウペンちゃん」もペンギン・ハイウェイの意味を口にしています。


タイトルの意味は映画を観ればすぐにわかるので、気になるという人は映画を鑑賞することをおすすめします。

関連記事
『ペンギンハイウェイ』蒼井優の吹替は上手?下手?周りの声優はどうだったの?

映画は面白かった?見どころはどこ?

スポンサーリンク


あくまで個人的な意見にはなってしまいますが、映画は全体としてかなり楽しめる作品でした。

管理人がペンギン好きということもありますが、ペンギンがかわいいというのはもちろんで、ストーリー構成やキャラクターそれぞれに魅力があってすごくよかったです。

失礼な話ですが、この作品についてストーリーやキャラクターにあまり期待していなかったので、予想を大きく上回るできに驚き、同時に、心から映画を観に行って良かったと思えました。

いやはや、もっとしっかり概要を確認しておくんでしたね……そもそも原作があるならストーリーがしっかりしているのは当然なので……ちょっと勉強不足でした……

ただ、観る前の期待度がそこまで高くなかったからギャップがあってものすごく楽しめたという可能性もなくはないので映画の面白さについては人それぞれだと思います。

関連記事
『ペンギン・ハイウェイ』対象年齢は?小学生くらいの子は楽しめる?どのくらいの子供からおすすめの作品なの?

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・『ペンギン・ハイウェイ』とは、「ペンギンが海から陸に上がった際、決まって通る道」という意味があり、タイトルも同じ意味

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です