『ザ・プレデター』男仲間集団ルーニーズはどうなった?それぞれの過去や結末についてネタバレまとめ

2018年9月14日に『プレデター』シリーズの最新作『ザ・プレデター』が公開されました。

『エイリアンVSプレデター』などクロスオーバー作品を除いて4作品目となる映画とあり、楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

第1作目が1987年の作品ということもあり、当時中、高生だった方はすっかり大人になり子供がいるかもしれないですね。

本記事では、そんな『ザ・プレデター』で活躍したルーニーズについてまとめていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※

目次
『ザ・プレデター』予告動画+あらすじ概要
ルーニーズについて
ルーニーズのメンバーは?ルーニーズはどうなったの?
前作を見るのにオススメツール
まとめ

『ザ・プレデター』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

一人の少年が起動させてしまった謎の装置。

その装置から発信されたのは、宇宙最強のハンターを呼び寄せる人類にとって最悪のシグナルだった。

かつて人類を恐怖のどん底へと突き落とした異星人「プレデター」が再襲来する__

ルーニーズについて

ルーニーズとは、『ザ・プレデター』でプレデターに立ち向かう元兵士のならず者集団のことです。

主人公を合わせて6人のメンバーで構成されるルーニーズは、それぞれの過去から普通ではないと判断されたことで拘束され、監視されています。

主人公のクイン・マッケナ(ボイド・ホルブルック)は異星人=プレデターを目撃したことから拘束されることになり、ルーニーズのメンバーに仲間入り。

クイン・マッケナがなぜ収容されることになったのか、その理由が「異星人をみたこと」ときくなり、メンバーはバカにして笑い飛ばしていましたが、実際にルーニーズのメンバーはプレデターを目撃して彼を信じることになります。

普通ではない男が寄せ集まった集団なので、会話もぶっ飛んでいて、映画を観ていて飽きないスパイスを加えています。

関連記事
『ザ・プレデター』年齢制限はある?小さい子供でも見られるの?対象年齢はどれくらいか調べてみた

ルーニーズのメンバーは?ルーニーズはどうなったの?

『スポンサーリンク』


以下はルーニーズのメンバーと、それぞれの過去です。

主人公:クイン・マッケナ(ボイド・ホルブルック)

今作の主人公で、元特殊部隊隊員のスナイパー。

特殊任務につくことが多く、家にあまり帰らないことからプライベートはそこまでうまくいっていません。

息子もいますが、息子が自閉症を抱えていることから彼の障害をうまく受け止められずに疎遠になっています。

ネブラスカ・ウィリアムズ(トレヴァンテ・ローズ)

元空軍特殊部隊の軍曹で、ルーニーズでは一番まともでリーダー的な存在。

指には一文字ずつタトゥーが彫られていて、すべてをつなげると「sorry」になります。

彼は空軍特殊部隊の軍曹でしたが、間違った判断から自分のグループを死なせてしまった過去があり、それに対しての謝罪を指に掘ったものだと考えられます。

また、彼の手首にはクエスチョンマークがあり、これは彼が自殺を図ったことがあり、考え抜いた証であることが明かされています。

コイル(キーガン=マイケル・キー)

元海兵隊員。厚かましいふるまいで汚いジョークを口にするのが特徴。

湾岸戦争でトラウマを負い、ひどく傷ついたことから虚勢を張って自分の弱いところを隠そうと生活をしています。

バクスリー(トーマス・ジェーン)

湾岸戦争でコイルと同じ舞台に所属していた元海兵隊員。

コイルとは憎しみ合っていてとても友達には見えませんが、奇妙な友情で結ばれており、腐れ縁の仲。

映画内では度々転換性障害の発作を起こしています。

リンチ(アルフィー・アレン)

陸軍を追放され、外人部隊に参加した元兵士。

武器に詳しく、車の運転技術に長けています。また、カードを使った手品も得意で、初対面のマッケナに対してもおどけて手品を披露しています。

ネットルズ(アウグスト・アギレラ)

ヘリコプター事故で外傷性脳挫傷を負った謎の男

パイロットだった彼は脳挫傷を負ったことから復帰することができず、精神的に参っている部分が多いです。

しかし、おちゃめな部分はメンバーの中で一番といえるほどで、プレデターをメンバーが全員目撃して怯えている中、彼だけが見逃して「え、ボクみてないよ」と場にあわないセリフを平気で口にし、観客を笑わせてきます。

ルーニーズはどうなったの?

クイン・マッケナ以外はアルティメットプレデターとの戦いに敗れて死んでしまいます

お腹に大けがを負って死んだり、

腹にでっかい木の棒が突き刺さって死んだり、

上空で両足を切断されたり、

飛行機のプロペラに巻き込まれにいって死んだり……

それぞれかっこよく死んでいますが、コイルとバクスリーが死んでしまうとわかってからお互いに銃を向けて撃ったところは個人的にめちゃくちゃかっこいいと思いました。

ちょっと古い表現も多い映画ですが、会話やストーリー運びのテンポがかなり良く、久しぶりに楽しめる映画に巡り合えたと思いました。

ぜひ、鑑賞を考えている方はこれ一本でも十分楽しめる作品なので視聴してみてはいかがでしょうか。

関連記事
『ザ・プレデター』に続編はあるの?エンドロール後に予告動画はあった?特報についてまとめ

前作を見るのにオススメのツールは?

地上波を待つのが楽でいいですが、3作品あるので全部放送されるということはおそらく可能性として低いと思います。

前作までの3作品『プレデター』、『プレデター2』、『プレデターズ』を今すぐに観たい場合は、期間中に解約すれば無料で動画が見られるhuluがおすすめです。

詳細は下記↓

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・ルーニーズとは、マッケナ、ネブラスカ、コイル、バクスリー、リンチ、ネットルズの6人で構成されるならず者の男集団。

・ルーニーズはマッケナ以外は戦死してしまっている。
『スポンサーリンク』


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA