『プーと大人になった僕』プーがクリストファーロビンにかけた名言とは?

2018年9月14日にディズニーの人気キャラクタープーさんの実写版映画『プーと大人になった僕』が公開されました。

大人気のキャラクタープーさんをはじめ、

ティガーやイーヨー、ピグレットなどくまのプーさんに登場するおなじみのキャラクターが多く出てくる話題作ということもあり、気になっている人も多いはず。

本記事では、

・『プーと大人になった僕』でプーがクリストファー・ロビンにかけた名言

以上についていきます。

『スポンサーリンク』


※ネタバレありのため注意※


目次

『プーと大人になった僕』予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

大人になったクリストファー・ロビンは仕事に明け暮れ、妻とすれ違う日々を送っていた。

そんなある日、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、クリストファー・ロビンは仕事を任されてしまう。

会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな彼の前に、かつての親友「プー」が現れて__?

プーがクリストファー・ロビンにかけた名言

『スポンサーリンク』


以下、プーがクリスト・ロビンにかけた名言について羅列します。

名言というよりも元気づける言葉といった感じでしょうか……プーさんはかわいくって映画はとても面白かったのですが、名言といわれるほどの言葉はなかったように思います汗

君は昔のままだよ

それは風船よりも大事?

僕の一番すきなことは何もしないこと

何にもしないって最高の何かにつながることなんだ

これは子供の頃のクリストファー・ロビンがプーにかけた言葉で、プーから大人になってから返してもらう言葉です。

映画で一番使われている言葉。

いったことのないところにいかなきゃいけない。いったことあるところに戻るんじゃなくて

ロビンにかけた言葉ではないですが、ロビンのもとへ道がつながるときにプーが意味深につぶやく言葉です

君は壊れてないよ。ちょっとしわになってるけど

ボクは毎日何もしないをしてるよ

どこかへ行きたいときじっと待ってるとどこかからきてくれる

変わらないよ、友達だ

変わってしまったというクリストファーロビンに、プーがかけた言葉。

これに対してさらにロビンは「ボクは迷子なんだ」といいますが、プーは「でもボクが見つけた。そうでしょ?」と優しく返します。

関連記事
『プーと大人になった僕』クリストファーロビン役の堺雅人の吹替は上手?下手?評価について感想とまとめ

『プーと大人になった僕』視聴方法について

今作『プーと大人になった僕』はU-NEXTで配信されています!

自宅で動画が観られるのでレンタルしたりする手間もないため非常におすすめ。

詳細は下記から↓

※『プーと大人になった僕』は登録時もらえるポイントで視聴可※

配信状況:2022年4月14日まで

プーさんが残した名言の元の作品について

『プーと大人になった僕』ではプーがクリストファー・ロビンが忘れてしまった大切な事、言葉をもう一度クリストファーロビンに伝えますが、その言葉は幼いクリストファーロビンが過去にプーと交わした会話で、プーが覚えていた言葉です。

クリストファーロビンとプーは会話の中で約束をしますが、この約束には元となったアニメーション映画があります。

元になったのは『くまのプーさん 完全保存版』で、『プーと大人になった僕』を見る前にこの映画を観ておけば、より映画を観た時の感動が強くなります。

『くまのプーさん 完全保存版』を観るのであれば、無料トライアル期間に解約すればお金がかからずに視聴できるU-NEXTがおすすめです。

詳細は下記↓

無料トライアルに申し込んだ際もらえるポイントで視聴可能。

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・「何にもしないって最高の何かにつながることなんだ」をはじめ、プーさんはたくさんの言葉をクリストファーロビンにかけた。

プーさんはもちろんですが、イーヨーもピグレットも、ティガーもカンガもルーもめっちゃかわいかったのでまだみていないよ!という方はぜひ!

『スポンサーリンク』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA