『インクレディブルファミリー』インクレディブルの声優担当の三浦友和は上手?下手?違和感はなかった?

2018年8月1日に『インクレディブル・ファミリー』が公開されました。

2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続編で、ピクサーの長編映画としては『リメンバーミー』に続く20作目となります。

コミカルなヒーローアニメーションで、子供から大人まで楽しめる本作。

夏休みだから子供と観に行くかという人も少なくないでしょう。

本記事では、『インクレディブル・ファミリー』Mr.インクレディブルの声を担当した三浦友和さんがどうだったのかについてまとめます。
※ネタバレありのため注意※

目次
『インクレディブル・ファミリー』予告動画+あらすじ
インクレディブルってどんなキャラクター?
三浦友和はどうだった?
全体的に違和感のあった声優さんはいるの?
まとめ

『インクレディブル・ファミリー』予告動画+あらすじ

~予告動画~

~あらすじ~

シンドロームの戦いから3か月。街がアンダーマイナーに襲撃され、一家はアンダーマイナーを止めるために活躍。

しかし、法律でヒーロー活動が禁止されたことで、ヒーロー活動を行った一家はつかまることになってしまう。

厳重に注意を受け、支援金も断たれてしまった一家はモーテルでひもじい想いをして生きていくか、ヒーローをやめて働くか究極の選択を迫られる。

そんな危機を迎えたファミリーに、実業家のウィンストン・ディーヴァーから「ヒーローを復活させるために協力してほしい」と依頼が入った。

彼に手を貸し、敵であるスクリーンスレイヴァーを倒したイラスティガールだったが、勝利に疑問を感じた彼女は行動を起こし__?

インクレディブルってどんなキャラクター?

『スポンサーリンク』


インクレディブルとは、パー一家(インクレディブル一家)の父で妻にゴム人間のケイト(イラスティガール)、娘に超能力を持つヴァイオレット、息子(長男)に超高速の能力を持つダッシュ、次男に様々な能力をあわせ持つ最強赤ちゃんジャックジャックがいます。

インクレディブル(ボブ)の能力は怪力で、劇中では怪力すぎて建物など街を壊してしまい、逮捕される要素を作り出してしまったりもしますが、一家の大黒柱らしく家族のピンチを救うために一躍します。

できれば働くのではなく、ヒーロー活動をして人々を救いたいと思っています。

映画では自分ではなく、妻のイラスティーガールが多く活躍することをよく思いませんが、口には出さずに必死に育児にあたるなどとても良いお父さんとしても活躍していました。

声優は俳優の「三浦友和」さんが担当されています。

ちなみに前作の『Mr.インクレディブル』でもボブことインクレディブルは三浦友和さんが吹替をしていました。

今作でも続投ということですね。

ちなみに、前作『Mr.インクレディブル』をおさらいするなら、登録するともらえるポイントを使用することで実質無料でみられるU-NEXTがおすすめです。

詳細は下記↓

※期間中に解約すればお金はかかりません※

関連記事
『インクレディブルファミリー』テーマソングの名前は?エンドロールで流れた曲の名前についてまとめ

三浦友和はどうだった?

実際に映画館に足を運んで観てみましたが三浦友和さんはとてもうまかったです。

アニメーションになじんでいて、三浦友和さんが吹替をしているといわれるまではわからないくらいお上手でした……

クレジットをみるまでは声優さんが吹替ているものだと思っていましたが、まさか俳優さんが声優をつとめているなんて目を疑いましたよ。

個人的には女優さんや俳優さんが声優を担当されるのにマイナスなイメージがある方ですが、三浦友和さんに関してはうまかったので、吹替でも問題なく楽しめると思います。

SNSでも称賛の声が多いですね

関連記事
『インクレディブルファミリー』ジャックジャックの8の能力って何?最強赤ちゃんについて徹底解説

Twitterの反応

『スポンサーリンク』

関連記事
『インクレディブル・ファミリー』子供が喜ぶおすすめおもちゃトップ5

全体的に違和感のあった声優さんはいるの?

全体を通して主要メンバーは三浦友和さん演じるインクレディブル、黒木瞳さん演じるイラスティガール、綾瀬はるかさん演じるヴァイオレットで、へたくそで気になる人はいませんでした。

中でも三浦友和さんは本当にうまくて本人がやっているとは思えないくらいで、クレジットを観ていなかったら普通に声優さんが担当していたと思っていたに違いないです。

黒木さんは黒木さんだなってわかる声でしたが違和感はなかったです。棒読みでもなかったですし。

ちなみに小島瑠璃子さんもそこまで違和感はありませんでした。プロの声優ではないことはわかる感じではありますが。

全体として棒読みをされて気が散って話が入ってこない映画ではなかったです。

ただ、一言、二言しか発言をしないキャラクターの声にはちょっと下手っぴな人がいたのでそれについては残念感が否めませんでした。

イラスティガールがバイクで疾走しているときにイラスティガールを見つけて騒ぎ出す学生っぽいひとたちとかはかなり棒読みです。

他の人がうまいだけに浮いている感じがあってちょっとかわいそうでした。

関連記事
『インクレディブル・ファミリー』同時上映『Bao』ってどんな作品?中華まんって何の比喩?

まとめ

以下、本記事のまとめになります。

・三浦友和さんは吹替がうまかった

・へたっぴな吹替担当者はいる
『スポンサーリンク』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です